ルキノン錠AZの効能・用量・副作用など

ルキノン錠AZの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他のアレルギー用薬
形状 錠剤
製造販売会社 小林薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ルキノン錠AZの特徴

花粉やハウスダストなどにより,鼻がつまる,鼻水が止まらないなどのアレルギー症状はつらいものです。ルキノン錠AZは,アレルギー反応の引き金となるヒスタミンやロイコトリエンの放出や働きを抑えるほか,花粉などのアレルゲンに対する喉や鼻粘膜の過剰反応を弱めるアゼラスチン塩酸塩を配合したアレルギー専門薬です。これらの働きにより,鼻や皮膚のアレルギー症状の緩和にすぐれた効果をあらわします。

ルキノン錠AZの効能効果

花粉,ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻づまり,鼻水,くしゃみ
じんましん,湿疹・かぶれによる次の症状の緩和:皮ふのはれ,かゆみ

ルキノン錠AZの用法用量

次の量を,水又はぬるま湯で朝食後及び就寝前に服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15才以上):2錠:1日2回
15才未満:服用しないでください。
ただし,鼻炎の症状に用いる場合は1週間,皮ふの症状に用いる場合は3日間服用しても症状の改善がみられない場合には服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量(必ず1回2錠,1日2回)を厳守してください。
(2)花粉など季節性のアレルギー性鼻炎による症状に使用する場合は、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。
(3)早めにのみこんでください。長く口中にとどめると苦みを感じることがあります。これは成分自身の苦味によるものです。また、服用後にも苦味を感じることがあります。
(4)錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ルキノン錠AZの成分分量

4錠中
アゼラスチン塩酸塩 2mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,粉末還元麦芽糖水アメ,乳糖水和物,セルロース,ヒプロメロース,マクロゴール,酸化チタン,カルナウバロウ

ルキノン錠AZの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)15才未満の小児。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬,鼻炎用内服薬を含む),抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗物酔い薬,催眠鎮静薬)
3.服用前後は飲酒しないこと
4.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)
5.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
6.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)アトピー性皮膚炎,またはアトピー素因があると診断を受けた人。
(5)気管支ぜんそくの診断を受けた人。
(6)発熱やせき,黄色で粘りのある鼻水などのかぜ症状がある人。
(7)鼻炎の場合でアレルギー性鼻炎か,かぜによる鼻炎かわからない人。
または,皮膚の症状が「じんましん,湿疹・かぶれ」によるものか,虫さされや化膿等他の原因によるものかわからない人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤
消化器:吐き気・嘔吐,口内及び口周囲のあれ,食欲不振,胸やけ,胃部不快感,腹痛
精神神経系:倦怠感,めまい,頭痛,手足のしびれ
循環器:動悸
呼吸器:息苦しさ
泌尿器:頻尿,排尿困難,血尿
肝臓:全身のだるさ,皮膚や白目が黄色くなる
その他:顔面のほてり,鼻乾燥,浮腫,月経異常
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき,便秘,下痢,眠気
4.じんましん,湿疹・かぶれなどの皮膚の症状の場合で,症状の軽減が見られるが繰り返し症状が起こるなど1週間以上症状が継続する場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.鼻炎の症状の場合で2週間以上服用する場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ルキノン錠AZの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

ルキノン錠AZが気になる人向けのコラム

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。
脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって... 続きを読む

赤ちゃんのお肌は生まれた直後からの保湿が大事!しっかりケアでアレルギー予防も

赤ちゃんの肌はツルツル、スベスベのイメージがあり、スキンケアなどしなくても大丈夫だと誤解されがち。しかし、赤ちゃんの時期こそ、しっかりした保湿ケアが大切です。 最新の研究では、新生児期からしっかり保湿ケアをすることで、アトピー性皮膚炎... 続きを読む

子どものアレルギーは予防できるのか-早めにできるケアって何?

アレルギー性の病気に悩む子どもの姿が目立ちます。実際、文部科学省の統計をみても、たとえばぜん息患者の割合は、幼稚園児から高校生までの各年代で10年前の2倍前後に増えています(「平成20年度学校保健統計調査」より)。とはいえ、ひと口にアレル... 続きを読む

子どものアトピー性皮膚炎を予防-早期ケアと皮膚バリア機能を高めよう

子どもの皮膚病の大半を占めるといわれるアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気です。ほとんどは乳幼児期に発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、成長とともに自然に治っていきます。しかし最近では、大人になっ... 続きを読む