カアムKゲルSの効能・用量・副作用など

カアムKゲルSの基本情報

カアムKゲルS

カアムKゲルS

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 小林薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

カアムKゲルSの特徴

カアムKゲルSは、蚊・はち・あり・毛虫などの虫さされに伴うかゆみや腫れなどをしずめます。また、じんましんやあせも、しもやけなどのかゆみを伴う不快な皮膚症状の他に、湿疹、皮膚炎、ただれ、かぶれなどにも効果をあらわします。
また、カアムKゲルSは、かゆみや炎症をしずめるジフェンヒドラミン塩酸塩・グリチルレチン酸、かゆみをおさえるジブカイン塩酸塩をはじめ、清涼感のあるdl-カンフル・l-メントールを配合した非ステロイドのお薬で、べたつかない透明なゲルクリームです。

カアムKゲルSの効能効果

虫さされ、かゆみ、しもやけ、じんましん、湿疹、皮膚炎、ただれ、あせも、かぶれ

カアムKゲルSの用法用量

1日数回、適量を患部に塗擦又は塗布してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

カアムKゲルSの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2.0g
ジブカイン塩酸塩 0.3g
グリチルレチン酸 0.3g
l-メントール 5.0g
dl-カンフル 3.0g
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、プロピレングリコール、ステアリン酸ポリオキシル、エタノール、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、パラベン

カアムKゲルSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、はれ
3. 5?6日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

カアムKゲルSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本剤のついた手で、目や粘膜に触れないでください。
(5)メガネ、時計、アクセサリー、プラスチック類、化繊製品、皮革製品、床や家具などの塗装面等に付着すると変質することがありますので、付着しないように注意してください。
(6)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。

カアムKゲルSが気になる人向けのコラム

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む

夏の旅行は蚊による感染症に注意して! 4つの命に関わる感染症

ここ数年、東南アジアなどを旅行中デング熱に感染し、帰国後に発症する人が増えています。昨年(2013年)は249人が発症し、統計をとり始めた1999年以降で最多となりました。また、熱帯地方を旅行してマラリアに感染し、帰国後発症して重症化する... 続きを読む