イスクラ衛益顆粒Sの効能・用量・副作用など

イスクラ衛益顆粒Sの基本情報

イスクラ衛益顆粒S

イスクラ衛益顆粒S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イスクラ衛益顆粒Sの特徴

「イスクラ衛益顆粒S」は,オウギ,ビャクジュツ,ボウフウの植物性生薬から構成され,これら3つの生薬から抽出したエキスを製剤化したものです。身体虚弱で疲労しやすい方の虚弱体質,疲労倦怠感,ねあせの改善を目的としております。

イスクラ衛益顆粒Sの効能効果

身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症:虚弱体質,疲労倦怠感,ねあせ

イスクラ衛益顆粒Sの用法用量

次の量を,1日3回,食前又は食間に服用してください。
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は,15歳未満の小児には服用させないでください。

イスクラ衛益顆粒Sの成分分量

3包(3.9g)中
衛益エキスS 1.5g オウギ6.0g,ビャクジュツ2.0g,ボウフウ2.0g
(添加物)
乳糖,結晶セルロース,部分アルファー化デンプン

イスクラ衛益顆粒Sの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イスクラ衛益顆粒Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)この文書は,本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので,大切に保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イスクラ衛益顆粒Sが気になる人向けのコラム

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

意外と重要なフットケア-足の健康が心身の健康につながる

子どもから高齢者まで幅広い年代を対象に、足部や足爪に発生している問題に触れてきたこのシリーズも今回が最終回です。
超高齢社会の日本では、高齢者の転倒を予防し、健康を支援するとともに、いつまでも前向きに元気で活動してもらうことが重要です。... 続きを読む

ラブレ菌

ラブレ菌とは、植物性乳酸菌の一種。お馴染みの乳酸菌にも、植物性と動物性があるのです。「前者は野菜や穀物を発酵させ味噌や漬物を作る乳酸菌で、後者は乳など動物性素材を発酵させヨーグルトやチーズを作る乳酸菌です。
ラブレ菌は十数年前に、京都... 続きを読む

約3割が死に至るくも膜下出血とは

くも膜下出血の正体をとことん理解する

脳を覆う3層の髄膜のうち2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われる。5... 続きを読む

星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

どんな病気? 脳は外側から硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)の3枚の膜でおおわれています。くも膜の下(内側)には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。働き盛りの人に起こり、... 続きを読む