参苓白朮散〔散剤〕35の効能・用量・副作用など

参苓白朮散〔散剤〕35の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 参苓白朮散
形状 散剤
製造販売会社 松浦薬業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

参苓白朮散〔散剤〕35の特徴

本方は基本処方の四君子湯に山薬やよく苡仁など6生薬を加えた10生薬で構成されています。
胃腸虚弱の下痢に対する代表処方として用いられます。

参苓白朮散〔散剤〕35の効能効果

体力虚弱で、胃腸が弱く、痩せて顔色が悪く、食欲がなく下痢が続く傾向があるものの次の諸症:食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠、消化不良、慢性胃腸炎

参苓白朮散〔散剤〕35の用法用量

次の量を食前又は食間に水又は温湯で服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:分包剤(1回量):大入り剤(1回量):1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:1.5g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:1.0g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:0.75g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:0.5g:3回
2歳未満:1/4包:0.3g以下:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

参苓白朮散〔散剤〕35の成分分量

本品3包(4.5g)又は4.5g中
ニンジン 0.474g
ビャクジュツ 0.631g
ブクリョウ 0.631g
サンヤク 0.474g
ヘンズ 0.316g
レンニク 0.316g
キキョウ 0.316g
ヨクイニン 0.789g
シュクシャ 0.316g
カンゾウ 0.237g
(添加物)
なし

参苓白朮散〔散剤〕35の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

参苓白朮散〔散剤〕35の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

参苓白朮散〔散剤〕35が気になる人向けのコラム

「山ガール」入門-女性がハイキングに向いている理由とは?

休日の高尾山。中高年や家族連れに交じって、若い女性の姿もたくさん見かけました。おしゃれなウエアを着て、ハイキングを楽しむ女性たち。そんな彼女たちを「山ガール」と呼びます。主力は20~30代のアラサー女子。
山ガール出現の大きな一因は、ウ... 続きを読む

低い山も甘く見ると遭難事故に-安全な山歩きのコツとは

梅雨が明ければ本格的な夏山のシーズン。昨年は、華やかなウエアで楽しそうに山道を行く「山ガール」たちが大いに話題になりました。それに釣られてか、おしゃれな「山ボーイ」も少なからず見かけられるようになりました。ファッショナブルに登山を楽しもう... 続きを読む

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

登山の山選びは難易度を参考に-登山ルートごとの難易度もチェック

ますます盛んになる登山ブーム。登山客には、ブームを支える中高年ばかりでなく若い人たちの姿も目立ちます。そして、ブームの高まりとともに気になるのは山岳遭難。遭難事故を防ぐには、自分の技量や体力に見合った登山ルートを選ぶべきことはいうまでもあ... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む