エパデールTの効能・用量・副作用など

エパデールTの基本情報

エパデールT

エパデールT

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他(いずれの薬効群にも属さない製剤)!その他の循環器・血液用薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 持田製薬
販売会社 大正製薬
医薬品区分 要指導医薬品
リスク区分 要指導医薬品

エパデールTの特徴

◆エパデールTは,イコサペント酸エチルを主成分とし,健康診断等で指摘された境界領域の中性脂肪値を改善するお薬です。
◆中性脂肪異常は,脂質代謝のバランスが崩れて血中の中性脂肪が異常に増えた状態であり,中性脂肪異常の改善は,生活習慣病や心血管疾患等の動脈硬化性疾患を発症するリスクの軽減につながります。
◆イコサペント酸エチルには,肝臓での過剰な中性脂肪合成を抑え,血中の余分な中性脂肪の代謝をはやくして中性脂肪の高値を改善する作用があります。また,その他の作用として,動脈のしなやかな弾力性を保持する作用や,血小板の凝集をおさえ血流をスムースな状態に導く作用があります。

エパデールTの効能効果

健康診断等で指摘された,境界領域注)の中性脂肪値の改善
注)「境界領域」:健康診断などにおいて中性脂肪が正常値よりもやや高めの値(150mg/dL以上300mg/dL未満)を指す。

エパデールTの用法用量

次の量を食後すぐに服用してください。
[年令:1回量:服用回数]
20才以上:1包:1日3回
20才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)空腹時に服用すると成分の吸収が悪くなるので,食後すぐに服用してください。
(3)かまずに服用してください。(軟カプセルのため,かむと油状の成分がでてしまいます)
(4)中性脂肪異常値改善のためには4週間以上,服用を続けていただくことが必要です。
(5)本剤の服用期間の目安(効果が安定する)は,3?6ヵ月です。
(6)本剤の服用3ヵ月後には,健康診断等で血液検査を行い,中性脂肪値の改善を確認することをお勧めいたします。

エパデールTの成分分量

1包中
イコサペント酸エチル 600mg
(添加物)
トコフェロール,ゼラチン,D-ソルビトール,グリセリン,パラベン

エパデールTの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
(1)20才未満の人。
(2)出血している人。(血友病,毛細血管脆弱症,消化管潰瘍,尿路出血,喀血,硝子体出血等にて出血している場合,止血が困難となることがあります)
(3)出血しやすい人。(出血を助長することがあります)
(4)手術を予定している人。(出血を助長することがあります)
(5)次の医薬品を服用している人。
ワルファリン等の抗凝血薬,アスピリンを含有するかぜ薬・解熱鎮痛薬・抗血小板薬,インドメタシンを含有する鎮痛消炎薬,チクロピジン塩酸塩やシロスタゾール等の抗血小板薬(出血傾向が強くなることがあります)
(6)脂質異常症(高脂血症),糖尿病又は高血圧症と診断され現在医師の治療を受けている人,あるいは健康診断等で医師の治療を勧められた人。
(7)親,兄弟姉妹に原発性高脂血症と診断された人がいる人。
(8)狭心症,心筋梗塞,脳卒中と診断されたことがある人。
(9)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(10)授乳中の人。(動物試験で乳汁中への移行が認められています)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人又は他の医薬品を服用している人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹,かゆみ,にきび
消化器:吐き気,腹部不快感,腹痛,嘔吐,食欲不振,口内炎,腹部膨満感,胸やけ,ガスがたまる
呼吸器:咳,息苦しさ,息切れ
精神神経系:頭痛,めまい,ふらつき,不眠,眠気,しびれ
腎臓:顔のむくみ,眼がはれぼったい,尿量が減る,頻尿
血液:皮下出血,出血しやすくなる(歯ぐきの出血,鼻血,血尿等),眼底出血(視力の低下,明るい壁面を見たとき蚊が飛んでいるように感じる),消化管出血(血を吐く,血が混じった便等),貧血症状(めまい,頭痛,耳なり等)
循環器:動悸
その他:ほてり,顔面がほてって赤くなる,発熱,関節痛,筋肉痛,手足の痛み,筋肉のひきつり(こむらがえり等),むくみ,全身のだるさ,女性化乳房(男性にみられる女性のような乳房),耳なり,発汗,血圧上昇
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,生理の経血量が多くなったり,出血が長く続く場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
4. 服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
下痢,便秘,口のかわき
5. 服用3?6ヵ月後の血液検査で中性脂肪値の改善がみられない場合は,服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください

エパデールTの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

エパデールTが気になる人向けのコラム

梅干しダイエットで中性脂肪を燃焼させる!

梅干し
ダイエットに欠かせない要素として、体内の中性脂肪を燃やしていく、という要素が挙げられます。

しかし、この中性脂肪を燃やすのは中々大変な作業で、一般に見受けられる通常のダイエットでは効率良く中性脂肪を燃やしていく事が出来ない... 続きを読む

検診と健康診断の違いってなに? 意外と知らない検診についての基礎知識

検診は自覚症状が出てから受けるもの? 自覚症状がない人が受けるのが検診。症状がある人は病院で受診しましょう。 「健診」と「検診」は目的が違うが、どちらも無症状の人が対象 「健診」と「検診」。どちらもケンシンですが、それぞれの違いは意外... 続きを読む

検診を受けていた方が寿命が短い? 健康診断や人間ドックの必要性

健康診断を受けたら
寿命が縮むかも!? 「検診を毎年受けている人たちと、受けていない人たちの生存年数の比較調査では『検診を受けていた人たちの方が、寿命が短い』という結果が出ているんです」と指摘するのは、内科医で予防医学の第一人者、新潟大学... 続きを読む

健康診断の心電図で何がわかるの? ジグザグの波形が示す心臓の状態

心電図は不整脈や心筋梗塞などの診断に役立ち、異常の場所の特定にも役立ちます。心筋細胞の収縮による電気を皮膚の上から記録。ただし全ての心臓の異常がわかるわけではないことにも注意。 心臓細胞が発する電気によって心拍のリズムや心筋の異常がわか... 続きを読む

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む