ラックル顆粒の効能・用量・副作用など

ラックル顆粒の基本情報

ラックル顆粒

ラックル顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 独活葛根湯
形状 散剤
製造販売会社 新生薬品工業
販売会社 日本臓器製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ラックル顆粒の特徴

1.五十肩の痛みを緩和し、肩・腕の動きを回復させる顆粒の飲み薬です。
2.五十肩を体の中から改善し、腕を上げられるようになります。
3.天然生薬100%の漢方薬です。
4.肩の血流を促進し、ポカポカ暖める作用があります。
5.眠くなる成分をを配合していません。
6.9種の生薬から抽出した有効成分を最大量配合した満量処方です。
7.1回1包・1日2回の飲み方です。

ラックル顆粒の効能効果

体力中等度又はやや虚弱なものの次の諸症:五十肩,四十肩,肩こり,寝ちがえ

ラックル顆粒の用法用量

次の量をを1日2回朝夕、食前又は食間に水かお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上)1回1包
15才未満7歳以上1回2/3包
7才未満4歳以上1回1/2包
4才未満2歳以上1回1/3包
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ラックル顆粒の成分分量

2包5.4g中
ドクカツ 2.0g
シャクヤク 3.0g
カンゾウ 1.0g
カッコン 5.0g
ジオウ 4.0g
ケイヒ 3.0g
マオウ 2.0g
ショウキョウ 0.5g
タイソウ 1.0g
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、アセスルファムカリウム、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物

ラックル顆粒の使用上の注意と副作用

相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(8)次の症状のある人。
むくみ、排尿困難
(9)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
4.長期連用する場合には医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ラックル顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。誤用の原因になったり品質が変わることがあります。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

ラックル顆粒が気になる人向けのコラム

若年層も四十肩・五十肩に利く治療方法をご紹介

四十肩・五十肩とは

50歳前後の人によく起こる、肩や腕の凝りや痛み。五十腕。
ごじゅうかた【五十肩】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


医学的には「肩関節周囲炎」といって、肩関節周囲の組織が傷ついて炎症がおこり、痛みや... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

Apple Watchが健康に役立つ5つのポイント

満を持して発表された「Apple Watch」が、4月24日から世界9カ国で発売されます。デザイン性や通信機能なども話題ですが、健康デバイスとしてもかなり面白そう。心拍計と加速度センサーを内蔵し、ヘルスケアアプリ「アクティビティ」で健康... 続きを読む

若い世代に増える心筋梗塞-動脈硬化を予防する4つのポイント

心筋梗塞というと50歳以上の中高年の病気というイメージが強いかもしれませんが、最近は30~40歳代で心筋梗塞を発症する人も珍しくありません。2011年にはサッカー元日本代表の30代の男性が心筋梗塞で急死し、今年5月には40代の女優が心筋梗... 続きを読む