キノシンS「アマノ」の効能・用量・副作用など

キノシンS「アマノ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 明治薬品
販売会社 天野商事
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

キノシンS「アマノ」の特徴

キノシンS「アマノ」は日常起こりやすい食べ過ぎ・飲みすぎ・寝冷えなどが原因の下痢や,食あたりなど食べ物が原因の下痢にも有効にはたらき,抗菌・止瀉・鎮痙作用により,下痢症状を改善します。

キノシンS「アマノ」の効能効果

下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便,腹痛を伴う下痢,消化不良による下痢

キノシンS「アマノ」の用法用量

年齢:1回量:用法
成人(15歳以上):2カプセル:1日3回毎食後服用して下さい。
8歳以上15歳未満:1カプセル:1日3回毎食後服用して下さい。
8歳未満:服用させないで下さい。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
(2)〈カプセルの取り出し方〉カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲み下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

キノシンS「アマノ」の成分分量

6カプセル中
ベルベリン塩化物水和物 300mg
次硝酸ビスマス 540mg
ロートエキス3倍散 180mg
センブリ末 9mg
ビオヂアスターゼ1000 60mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,デキストリン,乳糖水和物,無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,
カプセルの添加物:青色1号,黄色5号,ラウリル硫酸Na,酸化チタン,ゼラチン

キノシンS「アマノ」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないで下さい。
胃腸鎮痛鎮痙薬,ロートエキスを含有する他の胃腸薬,乗物酔い薬
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと。
(目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。
(母乳に移行して幼児の脈が速くなることがある。)
4.服用前後は飲酒しないこと。
5.1週間以上継続して服用しないこと。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがある)
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(5)小児。
(6)高齢者。
(7)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
心臓病,胃・十二指腸潰瘍,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
関係部位:症状
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
精神神経系:頭痛
泌尿器:排尿困難
その他:顔のほてり,異常なまぶしさ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
口のかわき,目のかすみ
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
母乳が出にくくなることがある。

キノシンS「アマノ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる事があります。)
(4)使用期限のすぎた製品は服用しないで下さい。

キノシンS「アマノ」が気になる人向けのコラム

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

妊娠初期の腹痛は危険? 腹痛の種類と気をつけたい3つの事

まだ体調が安定しない妊娠初期。腹痛があると不安になりますが、すべての腹痛が危険とは限りません。腹痛の種類と見分け方を知っておきましょう。 子宮が成長することで起こる腹痛は心配なし 妊娠すると赤ちゃんを育むため、子宮がどんどん大きくなって... 続きを読む

骨粗しょう症の予防のために摂りたい栄養-控えた方が良い食べ物

骨粗しょう症の予防は、まず1日3回の規則正しい食事から、骨の材料となるカルシウムをたっぷりとること。一般的に日本人はカルシウム摂取量が不足しがちなので、意識してとるようにしましょう。カルシウムの豊富な食品は乳製品や大豆製品、骨ごと食べられ... 続きを読む