眼潤 ハードレンズ用の効能・用量・副作用など

眼潤 ハードレンズ用の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 コンタクトレンズ装着液
形状 液剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 東レ
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

眼潤 ハードレンズ用の特徴

・ポリビニルアルコール(部分けん化物)配合
瞳とレンズのクッションの役割となり、レンズがするっと眼になじみ、装着時のゴロゴロ感をやわらげます。
・天然うるおい成分ヒマシ油配合
「眼潤」は涙の油層に着目し、天然うるおい成分ヒマシ油を配合することで本来の涙により近い装着液となっています。
眼を覆っている涙の表面には、ごく薄い油の層が存在しています。油層は、水分の蒸発を防いでいます。
角膜矯正用コンタクトレンズ「ブレスオーコンタクト」にも使用できます。

眼潤 ハードレンズ用の効能効果

ハードコンタクトレンズの装着を容易にする。

眼潤 ハードレンズ用の用法用量

本剤の1?2滴で、ハードコンタクトレンズの両面をぬらして装着してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)容器の先をコンタクトレンズ、指に触れさせないでください。また、混濁したものは使用しないでください。
(3)コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(4)ハードコンタクトレンズを装着するときのみ使用してください。
(5)用法・用量を厳守してください。

眼潤 ハードレンズ用の成分分量

1mL中
塩化ナトリウム 5mg
ポリビニルアルコール(部分けん化物) 15mg
(添加物)
塩化カリウム、リン酸水素ナトリウム水和物、リン酸二水素ナトリウム、クロルヘキシジングルコン酸塩、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、ヒマシ油、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸ナトリウム水和物

眼潤 ハードレンズ用の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。・・・はげしい目の痛み
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ

眼潤 ハードレンズ用の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側に白くつくことがあります。そのような場合には、清潔なガーゼ等で軽く拭き取ってご使用ください。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。使用期限内であっても一度開封した後は、なるべく早く使用してください。
(7)容器に他のものを入れて使用しないでください。
(8)コンタクトレンズケア用品に混ぜて使用しないでください。
本剤の容器は、透明フィルムで密封包装されています。フィルム破れ等の不審な点が見られた場合は、東レコンタクトコールへご連絡してください。

眼潤 ハードレンズ用が気になる人向けのコラム

処方箋不要のコンタクトレンズの使用は危険?最悪は失明の危険も

コンタクトレンズによる目のトラブルが目立っているようです。日本眼科医会では、コンタクトレンズを使っている人の7~10%の割合で、目の障害が起きているのではないかと推測しています。しかもそれは、コンタクトレンズそのものの問題ではなく、誤った... 続きを読む

鳥肌が立つのはなぜ? なんで鳥肌って呼ぶの? 鳥肌のメカニズム

急な寒さや恐怖に見舞われたとき、腕などに生じる肌のブツブツ。羽毛をむしり取った後の鳥の肌に似ています。
私たちの肌にも体毛が生えており、その1本1本の根元には立毛筋(りつもうきん)という筋肉が付いています。立毛筋は交感神経の支配を受け... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む

骨盤矯正クッションを使って目指せ下半身痩せ

骨格矯正クッション
どんなダイエット法を試してみても、なかなか下半身をスリムにすることは難しいと言えます。食事制限をして体重を落としても、バストだけが小さくなり下半身はもとのままという方も多いのではないでしょうか。そういったお悩みを持つ... 続きを読む

お肌を傷めない正しい洗顔法-肌質ごとの洗顔のポイント

じりじりと照りつける太陽にふき出す汗、ビルからの熱風、そしてクーラーによる乾燥……。夏の肌はいためつけられています。日焼けが肌にいけないことはいうまでもありませんが、汗もお肌の大敵です。
大量にかく汗が流れたり蒸発するとき、お肌のうる... 続きを読む