生葉漢方内服薬の効能・用量・副作用など

生葉漢方内服薬の基本情報

生葉漢方内服薬

生葉漢方内服薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

生葉漢方内服薬の効能効果

歯肉炎、扁桃炎、化膿性皮膚疾患の初期又は軽いもの

生葉漢方内服薬の用法用量

次の量を食前または食間に水またはお湯で服用してください 大人(15才以上)1回4錠 1日3回、15才未満 服用しないこと
(用法関連注意)

生葉漢方内服薬の成分分量

1日量(12錠)中
排膿散及湯エキス 2.9g <原生薬換算量>キキョウ2.0g、カンゾウ1.5g、タイソウ1.5g、シャクヤク1.5g、ショウキョウ0.5g、キジツ1.5g、添加物:無水ケイ酸を含む
(添加物)
無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン

生葉漢方内服薬が気になる人向けのコラム

見逃さないで「妊娠超初期」のサイン

ホルモンの影響で起こる「こんな症状」

ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。
黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。
代表的な物質としてプロゲステロンが知られている... 続きを読む

妊娠初期の運動はどのくらいなら大丈夫? おすすめと注意点

まだ体調が不安定な妊娠初期。無理に動く必要はありませんが、適度な運動は胎児の発育のサポートにもなります。おすすめの運動と、注意すべき点をまとめました。 妊娠初期の運動で流産の心配なし 妊娠初期は、特に6〜7週目に流産が起こりやすく、その... 続きを読む

妊娠検査薬で初期の妊娠が分かる? 妊娠初期の体調変化や注意点

正確さは9割以上と言われている市販の妊娠検査薬。でも、あまりに妊娠早期だったり、間違った使い方をしたりすると、判定できない場合があります。正確に使うためのコツをお伝えします。 妊娠をはやく知れば、はやく体調管理が 妊娠検査薬は、妊娠した... 続きを読む

生理予定日前でもわかる?0~4週目『妊娠初期・超初期』症状チェック法

多くの人が妊娠に気づくのが、妊娠してから4~8週目の妊娠初期。それより前の0~4週を妊娠“超”初期とよび、その時期に起こる小さな症状で、妊娠の可能性を予測することができるのです。 妊娠“超”初期症状は3~4週に多い 妊娠期間は昔から... 続きを読む

妊娠初期の飛行機は大丈夫? 乗る際に気をつける10のこと

妊娠中の飛行機での移動は母体に負担がかかります。でも、どうしても移動しなければならないときは、事前準備をしっかりして、負担を軽減するように心がけましょう。 事前準備で母体への負担を軽減 移動は、妊娠中の体に負担になります。中でも、飛行機... 続きを読む