ラスター養眼水の効能・用量・副作用など

ラスター養眼水の基本情報

ラスター養眼水

ラスター養眼水

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 滋賀県製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ラスター養眼水の特徴

ラスター養眼水は、血行促進作用、抗酸化作用をもつビタミンEや目の新陳代謝を活発にするビタミンB6、タウリン、目の細胞の働きを促進し、目の疲れを改善するL-アスパラギン酸カリウム、角膜を保護し眼病を予防するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合したお休み前にもお使いいただける目薬です。1日中働き続け、負担をかけた目の疲れをとり、目に栄養と潤いを与えます。

ラスター養眼水の効能効果

目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

ラスター養眼水の用法用量

1回1?3滴、1日3?6回点眼して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法用量を厳守して下さい。なお、就寝より5分以上前の点眼をおすすめします。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないで下さい。また、混濁したものは使用しないで下さい。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないで下さい。
(5)点眼用にのみ使用して下さい。

ラスター養眼水の成分分量

100mL中
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 50mg
酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 30mg
L-アスパラギン酸カリウム 500mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 500mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 500mg
(添加物)
ホウ酸、ホウ砂、l-メントール、ゲラニオール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸Na、クロロブタノール、パラベン、プロピレングリコール

ラスター養眼水の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合

ラスター養眼水の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。特に車中・暖房器具の近く等40℃以上になる場所に放置しないで下さい。(高温の所に放置すると、容器が変形したり品質に影響するおそれがあります。)
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)他の人と共用しないで下さい。
(5)表示の期限内にご使用下さい。(使用期限の範囲内であっても、開封後はなるべく早くご使用下さい。)
(6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用下さい。

ラスター養眼水が気になる人向けのコラム

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

たっぷり汗をかけるサウナ風呂ダイエット

サウナ風呂
汗をかかない体質の方は代謝が落ちて太りやすいことがあります。
ダイエットに成功しても代謝が落ちたままだとリバウンドしやすいです。
ダイエットとリバウンドを繰り返していると身体に無理が生じて健康にも悪いです。
そこでサウ... 続きを読む

遅刻にさよなら! あと30分早く家を出るための【4つの鉄則】

「カギはどこ?」「コーディネートが決まらない!」。本当は余裕で出られるはずだったのに、準備でつまずき結局遅刻……。出かける前にバタバタするクセを直して、30分早く家を出られる方法をご紹介します。 遅刻の根本原因は
あなたの考え方の“ク... 続きを読む

とっても怖い熱中症!その原因は汗にある!

熱中症ってどうしてなるの?
熱中症になるのはどういった時なのでしょうか?

暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗と... 続きを読む

季節の変わり目の不調や疲れもとれる「シャワーリング」

グッと涼しくなり過ごしやすくなったとはいえ、身体の疲れがとれない、あまり眠れないという悩みを抱えている人に。そんなときに手軽に取り入れられる、シャワーを使った健康法を紹介します。 シャワーリングで疲労回復 安眠や疲労回復のためには、... 続きを読む