アロパノール内服液の効能・用量・副作用など

アロパノール内服液の基本情報

アロパノール内服液

アロパノール内服液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 抑肝散
形状 液剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アロパノール内服液の特徴

アロパノール内服液は、
◆緊張や不安からイライラしたり、気分が悪くなる方の神経の症状を緩和します。
◆「朝起きても疲れがとれない」、「ぐっすり眠った感じがしない」といった不眠症状を
改善します。
◆1回1本飲みきりタイプの抑肝散液剤です。

アロパノール内服液の効能効果

体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの
次の諸症:神経症、不眠症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症。

アロパノール内服液の用法用量

次の量を1日3回食前又は食間※に服用してください。
大人(15才以上):1びん
15才未満 :服用しないこと
〔※食間:「食事と食事の間」という意味で、食後2?3時間を指します。〕
(用法関連注意)

アロパノール内服液の成分分量

(1日量3びん90mL中)
抑肝散料エキス 6g トウキ 3.0g、チョウトウコウ 3.0g、センキュウ 3.0g、ビャクジュツ 4.0g、ブクリョウ 4.0g、サイコ 2.0g、カンゾウ(甘草) 1.5g
(添加物)
添加物としてクエン酸、クエン酸Na、炭酸水素ナトリウム、パラベン、L-アスパラギン酸Na、
エリスリトール、ステビアエキス、デキストリンを含有します。

アロパノール内服液の使用上の注意と副作用

■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。むくみ
(7)次の診断を受けた人。高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止
し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
●皮 膚:発疹・発赤、かゆみ
○まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を
受けてください。
●間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しく
なる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
●偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばり
に加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
●心不全:動くと息が苦しい、疲れやすい、足がむくむ、急に体重が増えた。
●肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、
全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この箱を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

アロパノール内服液の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。
○生薬エキスを使用していますので、まれに沈殿を生じることがありますが、
薬効には変わりありません。

アロパノール内服液に効果効能が似た薬

アロパノール内服液が気になる人向けのコラム

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

春のストレスや不安感やイライラをアロマで解消-オイルの使い方

はるか昔から世界のさまざまな地域で、その土地でとれる植物の力や人の手などを利用した自然療法が、家庭でも一般的に行われていました。今日のように西洋医学が普及していなかった時代には、身近に手に入れやすい材料を利用して体の不調を治すことが、あた... 続きを読む

婦人科検診を受けるときの服装は? 準備しておいて便利な物

婦人科の病気が疑われる症状のなかで、「おりもの」や「不正出血」は自分だけが気づくことができるものです。ですから、そんな症状があれば積極的に相談に来ていただきたいのです。でも、やっぱり恥ずかしくて気後れするのが婦人科の診察だと思います。
... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む