ガーグルフレッシュの効能・用量・副作用など

ガーグルフレッシュの基本情報

ガーグルフレッシュ

ガーグルフレッシュ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 含嗽薬
形状 液剤
製造販売会社 昭和製薬
販売会社 カイゲンファーマ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ガーグルフレッシュの特徴

のどの殺菌・消毒、口臭の除去に
爽やかなユーカリの香り
ポビドンヨード製剤

ガーグルフレッシュの効能効果

口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去

ガーグルフレッシュの用法用量

1回、本剤2?4mLを水約60mLにうすめて、1日数回うがいしてください。
(用法関連注意)
1.用法及び用量を厳守してください。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.うがい用にのみ使用し、キズややけどへの使用や、内服しないでください。
4.本剤は使用するときにうすめて、早めに使用してください。

ガーグルフレッシュの成分分量

本品1mL中
ポビドンヨード 70mg (有効ヨウ素 7mg含有)
(添加物)
エタノール、ヨウ化カリウム、サッカリンナトリウム水和物、ユーカリ油

ガーグルフレッシュの使用上の注意と副作用

してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)次の症状のある人。 口内のひどいただれ。
(3)次の診断を受けた人。 甲状腺機能障害
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位 症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
口:あれ、しみる、灼熱感、刺激感
消化器:吐き気
その他:不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療をうけてください。
[症状の名称 症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ガーグルフレッシュの保管上の注意

●直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります)。
●衣類等に付着したときはすぐに洗い流してください。
●ご使用後はすぐに洗面台等を水で洗い流してください(そのまま放置すると、洗面台等が変色することがあります)。
●使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ガーグルフレッシュに効果効能が似た薬

ガーグルフレッシュが気になる人向けのコラム

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか?
多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。
口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新... 続きを読む

口臭や感染症リスクがあるドライマウスの原因と対策

ドライマウスとはどんな疾患

口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう、英: Xerostomia)は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。ドライマウスとも呼ばれる。現在では自覚症状として口腔乾燥を訴えるすべ... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-口臭の8割はお口の健康トラブル

お口の健康が全身の健康に関係があることは、よく耳にすると思います。そして、お口の健康はQOL(生活の質)の向上にも関係があります。
我々の研究では、80歳でほとんどの歯が残っている方は、93%が「何でもおいしく食べられる」、67%が「食... 続きを読む