「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の効能・用量・副作用など

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 クラシエ製薬
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の特徴

●「安中散加茯苓」は,漢方の古典といわれる中国の医書「和剤局方」に収載されている薬方です。
●体力中等度以下で,腹部は力がなくて,神経過敏で胃痛または腹痛があって,ときに胸やけ,げっぷ,食欲不振,はきけなどを伴う方の神経性胃炎,慢性胃炎に効果があります。

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の効能効果

体力中等度以下で,腹部は力がなくて,神経過敏で胃痛又は腹痛があって,ときに胸やけや,げっぷ,胃もたれ,食欲不振,吐き気,嘔吐などを伴うものの次の諸症:神経性胃炎,慢性胃炎,胃腸虚弱

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の用法用量

1日3回食前または食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回3錠
15才未満7才以上・・・1回2錠
7才未満・・・服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の成分分量

9錠中
安中散加茯苓エキス 600mg (ケイヒ2.0g,エンゴサク・ボレイ各1.5g,ウイキョウ0.75g,シュクシャ・カンゾウ各0.5g,ブクリョウ2.5g,リョウキョウ0.25gより抽出)
(添加物)
タルク,トウモロコシデンプン,乳糖,ステアリン酸マグネシウム,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)ビンの中の詰物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開栓後は不要となりますのですててください。
(5)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(6)水分が錠剤につきますと,変色または色むらを生じることがありますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れないでください。

「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

酵素の力で痩せる!パイナップルダイエット

パイナップル
南国果実の代表甘酸っぱいパイナップルが大好きな人は多いと思います。
そんなパイナップルを食べるだけでダイエットを行うのがパイナップルダイエットです。
方法は簡単で、朝食をパイナップルのみに変えるだけです。
昼食やおや... 続きを読む

5分の1個で保湿力アップ!「パイナップルセラミド」で乾燥の季節を乗り切ろう

気温とともに湿度も低下する秋は、肌も乾燥しがち。化粧品を秋冬仕様にするのと同時に、体の中からも乾燥対策を万全にしたいものです。 肌の保湿というと、コラーゲンやヒアルロン酸を思い浮かべがちですが、次にくる美容成分として注目されているのが「... 続きを読む

胃がストレスに弱い理由は? 胃を健康に保つにはピロリ菌対策が必要

胃は私たちに最もなじみのある臓器でしょう。食べたものが食道を通って最初に落ち着く場所、消化の第一段階を行うところ。これ以降のさまざまな臓器の働きはいま一つわかりにくいものがありますが、その点、胃の働きに対するイメージは比較的単純。また、「... 続きを読む

肌が荒れやすい春のスキンケアのコツ|シンプル&低刺激がポイント

冬ごもりから一転、活動的になる春。春は出会いの季節、スタートの季節、なんていうとウキウキ気分に聞こえるけれど、実際には冬眠から目覚めた熊よろしく、お天気や気温の変化の様子をうかがいながら、体温が、毛穴が、自律神経が調整を始めたところで、全... 続きを読む