AZのどスプレータイヨーの効能・用量・副作用など

AZのどスプレータイヨーの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 その他
製造販売会社 大洋製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

AZのどスプレータイヨーの特徴

大気汚染・空気の乾燥・寒冷時などには、のどの痛み・はれ・不快感を感じやすくなっています。このようなのどの症状を改善するにはAZのどスプレータイヨーでの早めのケアをお勧めします。
また、本剤は口内炎にもご使用いただけます。
1.カモミール由来の有効成分・アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン)が組織に直接作用して、のどのあれ・痛み・はれ・不快感・声がれ、口内炎等の炎症を抑えるスプレー
タイプのお薬です。
2.すっきりとした清涼感があり、そのままスプレーするだけでご使用いただける使いやすいお薬です。

AZのどスプレータイヨーの効能効果

のどの炎症によるのどのあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ、口内炎

AZのどスプレータイヨーの用法用量

1日数回適量を患部に噴射塗布してください
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、特に注意し、保護者の指導監督のもとに使用させてください
(2)塗布用にのみ使用し、内服しないでください
(3)定められた用法・用量を厳守してください
(4)息を吸いながら使用すると、薬液が気管支や肺に入ることがありますので、軽く息を吐きながら噴射してください
(5)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合は、すぐに水又はぬるま湯で洗い流し、症状がひどい場合は眼科医の診療を受けてください
(6)薬液を誤って大量に飲み込んだ場合には、直ちに医師の診療を受けてください
(7)最初にお使いになるときは、薬液が出るまで数回空押しをしてください。この時、ティッシュ等に向けて吹き付ける様にし、液が周囲に飛び散らないように注意してください
(8)ノズルの先端を針等でつくのは、大変危険ですからおやめください

AZのどスプレータイヨーの成分分量

25mL
100mL中 アズレンスルホン酸ナトリウム(アズレンスルホン酸ナトリウム) 20mg
(添加物)
セチルピリジニウム塩化物水和物、l-メントール、キシリトール、グリセリン、プロピレングリコール、pH調節剤

AZのどスプレータイヨーの使用上の注意と副作用

使用上の注意
相談すること
1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)口内にひどいただれがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位 : 症 状
口 : 刺激感
皮膚 : 発疹・発赤、かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
その他の注意
最初にご使用になる時に空押しを行ってください

AZのどスプレータイヨーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して立てて保管してください
(2)小児の手のとどかない所に保管してください
(3)他の容器に入れかえないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)薬液がこぼれ衣服等に付着した場合は、水又は洗剤で洗ってください
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください

AZのどスプレータイヨーが気になる人向けのコラム

身近なカモミールティーにはすごい効果が!

カモミール
日頃からハーブティーを嗜んでいる人なら、カモミールティーは身近な存在ではないでしょうか?そんなカモミールティーは、以外にもすごい効果を持っているお茶なんです。
ダイエットに特に効果的なのが、心を落ち着けて、リラックスさせて... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む

女性に特にオススメなハーブダイエット

ハーブ
ハーブダイエットはハーブを利用したお茶やサプリメント、アロマオイルなどを活用するダイエット方法です。
ハーブと一言で言ってもいろいろな種類がありますが、特にダイエットに期待されているのがアーティチョーク、オレガノ、カモミール、... 続きを読む