メディカル東京パップ<クール>の効能・用量・副作用など

メディカル東京パップ<クール>の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 帝國製薬
販売会社 メディカル東京
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

メディカル東京パップ<クール>の特徴

●メディカル東京パップ<クール>は,生薬(オウバク末及びサンシシ末)を配合していますので,打撲・ねんざに伴う熱感,はれ及び痛みなどに効果的です。
●メディカル東京パップ<クール>は,粘着性にすぐれた基剤と,伸縮性のある基布を使用していますので,屈伸部位にもピッタリフィットします。

メディカル東京パップ<クール>の効能効果

打撲,捻挫,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,肩こり,腰痛,しもやけ,骨折痛

メディカル東京パップ<クール>の用法用量

表面のプラスチックフィルムをはがし,患部に1日1?2回貼付する。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)汗をかいたり,患部がぬれているときは,よく拭き取ってから使用すること。
(4)皮膚の弱い人は,本剤を同じ所に続けて使用しないこと。(使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用すること。)

メディカル東京パップ<クール>の成分分量

本品膏体100g(700cm2)中
サリチル酸メチル 2.0g
dl-カンフル 1.0g
l-メントール 0.5g
オウバク末 2.0g
サンシシ末 1.0g
1枚 10cm×14cm
伸縮性
(添加物)
ゼラチン,カルメロースナトリウム(CMC-Na),D-ソルビトール,グリセリン,ポリアクリル酸ナトリウム,尿素,エデト酸ナトリウム,カオリン,酸化チタン,pH調節剤,その他3成分

メディカル東京パップ<クール>の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

メディカル東京パップ<クール>の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。未使用分はもとの袋に入れ,開封口をきちんと二重に折り曲げて保管すること。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。

メディカル東京パップ<クール>に効果効能が似た薬

メディカル東京パップ<クール>が気になる人向けのコラム

医師に指導してもらえるメディカルダイエット

メディカル
メディカルダイエットは、医療機関で医師の指導の下にダイエットを行う方法です。
ダイエット外来などで行うこの方法、他のダイエット方法とはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、一番は医師の指導の下で行われるため、健康を損... 続きを読む

治験

新しい医薬品や医療機器の製造や販売のために企業や医師が有効性と安全性を確認する、人間を対象に行う臨床試験のこと。治験には多くの“治験ボランティア”と呼ばれる一般の人々も関わっています。
治験のデータは薬事法上の承認を得るため、厚生労働省... 続きを読む

アスペルギルス・オリゼ

日本人にはなじみの深い麹。 その歴史は1000 年ともいわ れています。
麹を作るのは麹菌というカビ (微生物)の一種で、その代表格 の学名が「アスペルギルス・オリ ゼ」(以下「オリゼ」)。みそ、醤油、 日本酒、みりん、酢など、日本 の... 続きを読む

抗酸化物質


抗酸化物質とは何か?の前に、順番としてまず「酸化」物質について理解する必要があります。 「酸化物質とは、簡単に言うと活性酸素の作用で体内に生じる有害な過酸化物・過酸化脂質などのことです。細胞膜と細胞脂質を酸化、つまり体をサビつかせるもの... 続きを読む

ガニアシ

「ガニアシ」——耳慣れないコトバですが、栄養や機能性成分の面で、昨今注目を集めている昆布の「仮根」のことです。
「家庭でよく食べられている根昆布とは違います。その通称から根昆布は、昆布の根っこと思われがちですが、実際は葉状体(昆布の食用... 続きを読む