赤龍湯の効能・用量・副作用など

赤龍湯の基本情報

赤龍湯

赤龍湯

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 その他
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

赤龍湯の特徴

「赤龍湯」はオタフク風,顔面,手足の吹出物を改善するために,17種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

赤龍湯の効能効果

オタフク風,顔面,手足の吹出物

赤龍湯の用法用量

本品1袋を煎じる容器(鉄製のものは使用しない)に入れ,水550mL(約3合)を加えて火に掛け,沸騰したら弱火にし,ふきこぼれないように気をつけながら約半量となるまで煎じ,成人1日量とし食間に服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1日分の1/3量:3回
7歳以上15歳以下:成人の1/2量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/3量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/6量:3回
2歳未満:成人の1/10量:3回
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)服用に際しては,人肌程度に温めて服用すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

赤龍湯の成分分量

1包(31.5g)中
キキョウ 2.0g
カンゾウ 1.0g
ショウキョウ 0.5g
ソウジュツ 2.0g
シャクヤク 2.0g
サイコ 2.0g
キジツ 2.0g
センキュウ 2.0g
ブクリョウ 2.0g
ジオウ 2.0g
ボウフウ 2.0g
カッコウ 2.0g
キョウカツ 2.0g
ドクカツ 2.0g
ゼンコ 2.0g
ケイガイ 2.0g
ビャクシ 2.0g
(添加物)
添加物は含有していません。

赤龍湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。 むくみ
(7)次の診断を受けた人。 高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,下痢
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

赤龍湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)煎じた薬液は,冷蔵庫に保管してなるべく早めに服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

赤龍湯が気になる人向けのコラム

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

顔ツボマッサージのやり方-誰かにやってあげたくなるツボ押し

顔のマッサージは、エステティックサロン以外ではあまり行われていませんが、顔や頭部、首すじから胸元にはたくさんのツボとリンパ節が集中し、マッサージによってさまざまな効果が期待できます。リラックスはもちろん、疲れを取って全身のコンディションを... 続きを読む

再建医療とスーパーマイクロサージャリー 手指や乳房の再建術とは

形成外科の領域では、病気治療の結果やけが、あるいは生まれながらにして、欠損した部位を復元・修復することを目的に、さまざまな技術が開発され、再建医療が実践されています。マイクロサージャリー(微小外科)の技術の進歩で、現在では、より安全で患者... 続きを読む

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

冬のお肌ケア-乾燥からお肌を守る方法|洗顔やメイクのコツ

ウインターシーズンの大敵は戸外の風!
冷たい風に当たると、肌は急速に乾燥してしまいます。ですから風の強い日の外出は注意が必要。スカーフを上手に使うなどして、顔をじかに風にさらさないようにしましょう。また、エアコンの風にもご注意。加湿器を使... 続きを読む