メディプロアクトの効能・用量・副作用など

メディプロアクトの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 錠剤
製造販売会社 オール薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

メディプロアクトの特徴

メディプロアクトは頭痛・歯痛・生理痛などの痛みや悪寒・発熱時の解熱にすぐれた効果をあらわします。

メディプロアクトの効能効果

頭痛・歯痛・生理痛・咽のど痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・腰痛・肩こり痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・捻挫痛・外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱

メディプロアクトの用法用量

次の量をなるべく空腹時をさけて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):2錠:3回まで(服用間隔:4時間以上おくこと)
15才未満:使用しないこと。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方(シートごと飲み込むとのどに突き刺さるなど思わぬ事故につながることがあります。)

メディプロアクトの成分分量

6錠中
イブプロフェン 450mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 180mg
無水カフェイン 240mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),乳糖,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,酸化チタン,マクロゴール

メディプロアクトの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人
(3)出産予定日12週以内の妊婦
(4)15才未満の小児
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬,乗り物酔い薬等
3.服用後,乗り物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気があらわれることがあります。)
4.服用前後は飲酒しないでください。
5.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)高齢者
(5)薬などにより,アレルギー症状を起こしたことがある人
(6)次の診断を受けた人:心臓病,肝臓病,腎臓病,全身性エリテマトーデス,混合性結合組織病
(7)次の病気にかかったことのある人:胃・十二指腸潰瘍,潰瘍性大腸炎,クローン病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃痛,胃部不快感,口内炎
精神神経系:めまい
その他:目のかすみ,耳鳴り,むくみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
腎障害:尿量が減り,全身のむくみ及びこれらに伴って息苦しさ,だるさ,吐き気・嘔吐,血尿,蛋白尿等があらわれる。
無菌性髄膜炎:首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛,発熱,吐き気・嘔吐等の症状があらわれる。(これらの症状は特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人の多くで報告されている。)
ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しい等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,下痢,眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

メディプロアクトの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。

メディプロアクトが気になる人向けのコラム

手軽にできる生理痛の改善方法を教えて!

即実践!手と足のツボ押し
ツボを押すことで、生理中の不快な症状をやわらげてくれます。ここでは、簡単にできるツボをご紹介します。


頭や手足のツボは心身のバランスを整え、さまざまな心身の不調に効く
簡単ツボマッサージ24
月経ト... 続きを読む

今日からできる!薬を飲まない5つの生理痛対策

生理痛を和らげるツボ
自然治癒力が上がると言われているツボ押し。東洋医学では、身体の神経を伝って流れる気が体の歪みなどが原因で滞り、体の不調を引き起こすと考えられています。そこで、ツボを押すことで気の流れを整え、体調不良を自分で改善する... 続きを読む

突然、耳が聞こえにくくなった! 突発性難聴発症後の対策とは

突発性難聴とは

突然耳の聞こえが悪くなる病気で、片方の耳だけに発症することが多い。難聴の程度は軽いものから重いものまでさまざまで、耳鳴りやめまい、吐き気、嘔吐(おうと)を伴う場合もある。原因は不明とされるが、内耳の血流障害やウイルス... 続きを読む

保険も適用!耳掃除は耳鼻科でした方がいい? 正しい耳掃除の仕方

耳垢が気になったとき、耳掃除はどうしていますか。耳かきや綿棒を使って耳垢を取ろうとしても、なかなか上手く取れないこともあります。「耳掃除大好き!」という人もいますが、自分でやる耳掃除にはキケンも…。 そこで、耳掃除に関する“耳より”情... 続きを読む

生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も

生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。 低用量ピルの成分とはたらき ... 続きを読む