システィーホワイトプラス+の効能・用量・副作用など

システィーホワイトプラス+の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 新日本製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

システィーホワイトプラス+の特徴

日やけなどによる色素の沈着を緩和する作用のあるビタミンCに、皮膚の代謝に不可欠なアミノ酸であるL-システインを加えました。さらに、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウムを配合することによって、その作用をより効果的にしています。

システィーホワイトプラス+の効能効果

次の諸症状※の緩和:
しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
次の場合※の出血予防:
歯ぐきからの出血、鼻出血
次の場合のビタミンCの補給:
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期

システィーホワイトプラス+の用法用量

次の量を1日3回、朝昼晩服用してください。
[年齢 : 1回量 : 1日服用回数]
成人(15才以上) : 2錠 : 3回
7才以上15才未満 : 1錠 : 3回
7才未満 : 服用しないこと
(用法関連注意)
1. 用法・用量を厳守してください。
2. 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3. 本剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。

システィーホワイトプラス+の成分分量

1日量(6錠)中
アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 20mg
d-α-トコフェロール(ビタミンE) 20mg
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2) 12mg
ニコチン酸アミド 25mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
トウモロコシデンプン、乳酸Ca水和物、ヒドロキシプロピルセルロース、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、結晶セルロース、ヒプロメロース、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体、酸化チタン、タルク、マクロゴール6000、グリセリン、カラメル、カルナウバロウ

システィーホワイトプラス+の使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
医師の治療を受けている人
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

システィーホワイトプラス+の保管上の注意

1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2. 小児の手の届かない所に保管してください。
3. 他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。 )
4. 本剤にぬれた手で触れないでください。
又、手にとった錠剤を元の容器に戻しますと、他の錠剤に影響を与えることがありますのでご注意ください。
5. 使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

システィーホワイトプラス+が気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある
女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そば... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

若年性アルツハイマーってどんな病気-遺伝によって発病、症状は?

「もの忘れが多くなってさあ・・・」
「それって若年性アルツハイマー病じゃないの?」
最近、若い人の間でこんな会話が交わされるようになりました。しかし、話題になるわりには、その実態はよく知られていません。
10代~30代の若い人で不... 続きを読む