ゲート下痢止めチュアブルの効能・用量・副作用など

ゲート下痢止めチュアブルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 錠剤
製造販売会社 大昭製薬
販売会社 日野薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ゲート下痢止めチュアブルの特徴

★ ロペラミド塩酸塩(止瀉薬)配合のチュアブル錠です。
★ ロペラミド塩酸塩(止瀉薬)とビオヂアスターゼ2000(消化酵素)、フェカリス菌(乳酸菌)を組み合せた処方で、すぐれた効きめをあらわします。
★ 水なしで飲めるチュアブル錠なので、通勤・通学の移動中、仕事、会議中、受験生など突然の下痢で困ったその時にどこでも手軽に服用することができます。

ゲート下痢止めチュアブルの効能効果

食べ過ぎ・飲み過ぎによる下痢、寝冷えによる下痢

ゲート下痢止めチュアブルの用法用量

次の量をかむか、口中で溶かして服用してください。下痢が止まれば服用しないでください。服用間隔は4時間以上おいてください。
年齢:1回量:1日服用回数
成人(15歳以上):2錠:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1) 定められた用法・用量を厳守してください。
(2) 錠剤の取り出し方
図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると、食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ゲート下痢止めチュアブルの成分分量

1日量中
ロペラミド塩酸塩 1mg
ビオヂアスターゼ2000 90mg
ラクトミン(フェカリス菌) 20mg
(添加物)
D-マンニトール、キシリトール、結晶セルロース、クロスポビドン、リン酸水素Ca、乳糖水和物、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸マグネシウム、l-メントール

ゲート下痢止めチュアブルの使用上の注意と副作用

■使用上の注意
■してはいけないこと
守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります
1. 次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 本剤を服用している間は、次の医薬品を使用しないでください
胃腸鎮痛鎮痙薬
3. 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
4. 服用前後は飲酒しないでください
■相談すること
1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 発熱を伴う下痢のある人、血便のある人又は粘液便の続く人。
(3) 急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・吐き気等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢を止めるとかえって病気を悪化させることがあります。)
(4) 便秘を避けなければならない肛門疾患等のある人。
(本剤の服用により便秘が発現することがあります。)
(5) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(6) 授乳中の人。
(7) 高齢者。
(8) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位:症状
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:便秘、腹部膨満感、腹部不快感、吐き気、腹痛、嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称:症状
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮懐死融解症: 高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
イレウス様症状(腸閉塞様症状):激しい腹痛、ガス排出(おなら)の停止、嘔吐、腹部膨満感を伴う著しい便秘があらわれる。
3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
眠気
4. 2?3日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ゲート下痢止めチュアブルの保管上の注意

(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2) 小児の手の届かない所に保管してください。
(3) 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)

ゲート下痢止めチュアブルに効果効能が似た薬

ゲート下痢止めチュアブルが気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

L-92乳酸菌

現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。 「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料で... 続きを読む

ピロリ菌を撃退する方法-ヨーグルトがピロリ菌に効く理由

ヘリコバクター・ピロリ(以下、ピロリ菌)は、長年にわたってヒトの胃に棲みつく細菌で、胃粘膜に炎症を起こし、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんの原因になることがわかっています。
感染率は先進国で低く、発展途上国で高い傾向にありますが、日本... 続きを読む

ラブレ菌

ラブレ菌とは、植物性乳酸菌の一種。お馴染みの乳酸菌にも、植物性と動物性があるのです。「前者は野菜や穀物を発酵させ味噌や漬物を作る乳酸菌で、後者は乳など動物性素材を発酵させヨーグルトやチーズを作る乳酸菌です。
ラブレ菌は十数年前に、京都... 続きを読む

プロバイオティクス

人間の腸内には約100種類、100兆個もの細菌が棲みついています。その中には有用菌(善玉菌)、有害菌(悪玉菌)がいて、善玉菌のナンバーワンが、あなたもよく知っているビフィズス菌であり、悪玉菌の代表をウェルシュ菌といいます。腸内ではこの善玉... 続きを読む