ストカインの効能・用量・副作用など

ストカインの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 みずむし・たむし用薬
形状 液剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ストカインの特徴

◆みずむし・たむしは、真菌(カビ)の一種である白癬菌が皮膚の角質層に寄生し、不快なかゆみや痛み等の症状を起こす皮膚病です。ストカインは、原因菌となる白癬菌やかゆみ等の症状に働き、みずむし・いんきんたむし・ぜにたむしを改善するために考え出された、生薬抽出エキス配合のみずむし薬です。
◆ストカインのミコナゾール硝酸塩は白癬菌を殺菌し、ジフェンヒドラミン塩酸塩やリドカインは、患部のかゆみや痛みの症状を鎮めます。また、シコン・トウキのゴマ油抽出エキスは新しい皮膚の形成を助け、みずむし・たむしによる皮膚の損傷を改善します。

ストカインの効能効果

みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし

ストカインの用法用量

1日数回、適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと。
(3)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けること。
(4)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(5)外用にのみ使用すること。
(6)本剤のついた手で、目や粘膜に触れないこと。

ストカインの成分分量

100mL中
ゴマ油抽出エキス 13.8g (シコン4.7g・トウキ4.7g)
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1.0g
ミコナゾール硝酸塩 1.0g
リドカイン 2.5g
(添加物)
イソプロパノール、ゴマ油、乳酸、ミリスチン酸イソプロピル

ストカインの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないこと
(1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等。
(2)湿疹。
(3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)乳幼児。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が顔面又は広範囲の人。
(5)患部が化膿している人。
(6)「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人。
(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い。)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、落屑、ただれ、乾燥・つっぱり感、水疱
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ストカインの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)火気に近づけないこと。
(5)本剤は1度以下の温度で凝固することがありますのでご注意下さい。凝固した場合はしばらく放置し、溶けてから使用して下さい。
(6)有効成分シコンの紫色は染料にも使用される色素です。くつ下などに色が付着すると落ちにくいですので、ご注意下さい。

ストカインが気になる人向けのコラム

セサミオイル

今、モデルや芸能人がこぞって雑誌やテレビで紹介しているのが“セサミオイル”。肌、髪など、全身に使える美容効果の高いオイルです。“セサミオイル”とは、つまりゴマ油ですが、スーパーで売っている茶色いゴマ油とは似て非なるもの。 「 中華料理に使う... 続きを読む

大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。
気温が低い冬は窓を開けて換... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part1-完治しずらい爪水虫、手にも水虫?

水虫というと高温多湿の夏に多い病気で寒い冬場には関係ない病気、と思っている方がいらっしゃるとしたら、それは大きな間違いです。足の裏や足の指の間にできる水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる真菌(しんきん)が爪に侵入して起こる爪水... 続きを読む

ココナッツオイルでお手軽ダイエット

ココナッツオイル
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されます。
中鎖脂肪酸は、肝臓において素早く吸収・分解されることが特徴です。つまり、中鎖脂肪酸を含むココナッツオイルは摂取後、肝臓に運ばれてすぐにエネルギーに変わるので、他の食用油に... 続きを読む

茄子酢料理でおいしくダイエット

茄子酢
ダイエットというと、何を食べればよいか迷ってしまう事が多いですよね。そんな時に最適な物が、「ナスの薬味黒酢ソース」です。
作り方は
①ナスの表面に全体に薄くサラダ油をぬる。
②耐熱皿に並べて、ラップをしてレンジで6分温める... 続きを読む