レバウルソゴールドの効能・用量・副作用など

レバウルソゴールドの基本情報

レバウルソゴールド

レバウルソゴールド

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 第一薬品工業
販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

レバウルソゴールドの特徴

レバウルソゴールドは…
●ブタの肝臓から得られた肝臓水解物に,ウルソデオキシコール酸,アスコルビン酸,生薬を配合したフィルムコーティング錠です。
●L-システインが体の代謝を高めて滋養強壮に効果をあらわします。
●滋養強壮,虚弱体質,胃腸障害時などの場合の栄養補給に効果をあらわします。

レバウルソゴールドの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

レバウルソゴールドの用法用量

次の1回服用量を,朝夕に服用します。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:2回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
〈用法・用量に関連する注意〉
定められた用法・用量を厳守してください。
〈成分・分量に関連する注意〉
(1)本剤はビタミンB2を含有するため,本剤の服用により,尿が黄色くなることがあります。
(2)本剤の服用により,尿及び大便の検査値に影響を与えることがあります。医師の治療を受ける場合は,ビタミンCを含有する製剤を服用していることを医師に知らせてください。

レバウルソゴールドの成分分量

6錠中
肝臓水解物 600mg
ウルソデオキシコール酸 50mg
L-システイン 160mg
アスコルビン酸 (ビタミンC) 300mg
ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン 30mg
リボフラビン (ビタミンB2) 12mg
ケイヒ末 100mg
ショウキョウ末 100mg
(添加物)
無水ケイ酸,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,フマル酸,ステアリン酸,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,ヒプロメロース,酸化チタン,タルク,マクロゴール,三二酸化鉄,ケイ酸カルシウム,ウイキョウ油,カルナウバロウ

レバウルソゴールドの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:吐き気,下痢,胃部不快感
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

レバウルソゴールドの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

レバウルソゴールドに効果効能が似た薬

レバウルソゴールドが気になる人向けのコラム

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

うつ病は抗うつ剤を飲まずに完治できる? 抗うつ剤の副作用-うつに効く漢方

以前より治療法が増えてきているうつ病ですが、治療の中心となるのは、薬物療法。抗うつ剤を用いた治療が多く行われています。軽い症状の場合は、漢方が有効に働くことも。この代表的な2つの治療薬についてまとめました。 薬で不足した脳内神経伝達物... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む