アットノンLの効能・用量・副作用など

アットノンLの基本情報

アットノンL

アットノンL

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 金冠堂
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アットノンLの特徴

1.ヘパリン類似物質の3つのはたらきにより傷あとを改善していきます。
2.伸びの良いローションタイプなので、広範囲の傷あとや、かきむしって残った傷あとにもおすすめです。

アットノンLの効能効果

きず・火傷のあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指のあれ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛

アットノンLの用法用量

1日1?数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼなどにのばして貼る
(用法関連注意)
(1)使用のつどキャップをしっかりしめること
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
(3)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること
(4)外用にのみ使用すること

アットノンLの成分分量

100g中
ヘパリン類似物質 0.3g
(添加物)
dl-ピロリドンカルボン酸Na、パラベン、エデト酸Na、BHT、セトステアリルアルコール、ポリソルベート60、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、ミリスチン酸イソプロピル、プロピレングリコール、ジイソプロパノールアミン、香料、pH調節剤

アットノンLの使用上の注意と副作用

1.次の人は使用しないこと
2.次の部位には使用しないこと
1.出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人
2.目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣など)
1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
2.使用後次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、このパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
3.5?6日使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、このパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
1.(1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (3)湿潤やただれのひどい人
2.皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5?6日使用しても症状がよくならない場合
その他の注意
●出血のある傷口には使用しないこと(血が止まりにくくなることがある)
●顔面にあるやけどのあと・傷あと・かさぶたには使用しないこと
●患部を清潔にしてから使用すること

アットノンLの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の現認になったり品質が変わる)

アットノンLが気になる人向けのコラム

乳がんのしこりをセルフチェック

乳がんの発症リスク

乳がんの発生や増殖には、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが大きくかかわっていることが多いことがわかっています。わが国で乳がんが増えている背景には、食生活の変化や晩婚少子化、経口避妊薬の使用、閉経後のホルモン補... 続きを読む

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

子宮筋腫ってどんな病気? 筋腫を疑う8つの症状

次のような症状はありませんか?
もし思い当たることがあるようなら、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)かもしれません。 ・健康診断で今まではなかった貧血がわかった ・おなかに圧迫感を感じるようになった ・下腹部にしこりを触れる ・尿が近くなった... 続きを読む

乳がん検診で「要精密検査」といわれたら‐検査の流れ

かつて欧米の女性に多いとされていた乳がんは、近年日本女性にも急増しています。一生のうちに乳がんを経験するであろうとされる確率は、日本人女性で約20人に1人といわれており、毎年4万人を超える人が、新しく乳がん患者になっています。
乳がんに... 続きを読む

乳がん早期発見のために-5つの危険因子と3つのセルフチェック

10月は「乳がん月間」です。乳がん啓発活動のシンボルマークである「ピンクリボン」を目にしたことがある人も多いでしょう。今年も全国各地で、乳がん検診の普及促進をはじめ、さまざまな啓発活動を行うピンクリボン運動が、患者団体や行政、企業などによ... 続きを読む