ウエルセプト高頻度接触面消毒用の効能・用量・副作用など

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の公衆衛生用薬
形状 噴霧剤
製造販売会社 丸石製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の特徴

○本品は、高濃度アルコールと独自の技術(EET*)により、一般細菌、真菌を始め、各種ウイルス(ノロウイルス評価代替ウイルスであるネコカリシウイルス・マウスノロウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスなどのノンエンベロープウイルス)に対しても消毒効果を発揮します。
○塩素臭がなく、速乾性で使いやすいため、幅広い場所の細菌・ウイルス除去に適しています。
*EET(Ethanol Enhanced Technology)とは、ある種の有機酸を一定比率と亜鉛化合物を添加することにより、エタノールの抗微生物効果を引き出す技術です。

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の効能効果

家具・器具・物品等の消毒、室内・便所・浴室の消毒、医療機器の消毒

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の用法用量

布片等に浸して対象物を清拭する。もしくは対象物に直接噴霧した後、布片等で清拭する。
(使用方法:使用時は噴霧口を回して「霧」又は「直」に合わせて使用し、使用後は「閉」にすること。)
(用法関連注意)
(1)人体や食品に噴霧しないこと。
(2)アルコールに弱い人、アレルギー症状やかぶれ等を起こしやすい体質の人は、噴霧薬液に触れたり、吸い込んだりしないこと。
(3)皮膚に付着した場合は、発疹・発赤、かぶれ等を起こすことがあるので、すぐに水で洗い流すこと。
(4)十分に換気し、ゴム手袋、マスク等を着用の上、噴霧薬液を吸い込まないように注意して使用すること。なお、気分が悪くなった時は直ちに使用を中止すること。
(5)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には直ちに水又はぬるま湯で洗い流すこと。なお、症状が重い場合は眼科医の診療を受けること。
(6)服用しないこと。万一、誤って飲んだときは多量の水を飲ませること。
(7)対象物に血液や汚物などが付着している場合には、清掃後、使用すること。
(8)一部の金属等、材質によっては変質(変色)するおそれがあるため注意すること。
(9)シミ・変色の原因となるので、白地や淡い色の繊維製品や革製品、白木や桐、水性ワックス・ペンキ・ニス等の塗装部、アクリル製・スチロール製のプラスチック等に使用しないこと。
(10)スイッチ・コンセント等電気器具に直接噴霧しないこと。
(11)医療機器に使用する場合は、当該医療機器の取り扱い会社に相談すること。

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の成分分量

100mL中
日局エタノール 83mL
(添加物)
乳酸、クエン酸水和物、硫酸亜鉛水和物、エデト酸ナトリウム水和物、イソプロパノール

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の使用上の注意と副作用

1.してはいけないこと
(1)人体に対して使用しないこと。
(2)引火のおそれがあるので火気の付近では使用しないこと。また、本剤使用後、使用した付近で火気を使用しないこと。
(3)本品と塩素系製品を混合すると塩素ガスが発生するおそれがあるので一緒に使用(併用)しないこと。
2.相談すること
万一、身体に異常が起きた場合は、この製品を持参し医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウエルセプト高頻度接触面消毒用の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)容器を横向きや逆さまにして使用しないこと。
(4)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(6)火気に近づけないこと。

ウエルセプト高頻度接触面消毒用に効果効能が似た薬

ウエルセプト高頻度接触面消毒用が気になる人向けのコラム

災害時への備えに必要なもの-帰宅困難や避難所生活への備えとは

昨年の3.11以降で人々を大きく驚かせたのは、東京大学地震研究所による首都直下型地震の警告ではないでしょうか。何しろ「4年以内にマグニチュード7クラスの発生確率が70%」というのですから……。
これがもし「4年後に」というのでしたら、... 続きを読む

家選びのときに気をつけたい-シックハウス症候群にご注意!

住宅の高断熱・高気密化がすすむにつれて、そこからおきる健康障害が問題となるようになりました。建材や家具に使われる化学物質によって、アレルギーや吐き気、めまいなどがおこる、いわゆる「シックハウス症候群」です。住まいの中にどんな化学物質が存在... 続きを読む

腕に疲れを感じたら…腕がだるいときにためしたい簡単ストレッチ

荷物を持ったり物をつかんだりするのに重要な働きをする腕の筋肉は、仕事や家事、スポーツなど日常生活のさまざまな場面で頻繁に使われます。そのため、1日の終わりには腕がだるくなったり痛くなるという人も多いのではないでしょうか。
腕の筋肉のな... 続きを読む

器具も何もいらない腰ひねりダイエット

腰ひねり
腰ひねりダイエットは必要な器具などはなにもない、体一つで行うことのできるダイエット方法です。
女性の場合、特に気になるウエスト周りのお肉を、効果的に落とすことが出来るので、お腹周りの脂肪が気になる人におすすめです。
さらに... 続きを読む

冬のお風呂は危険がいっぱい-注意するべき4つのポイント

日本人はお風呂好きといわれます。半面、入浴中の事故で亡くなる人は年間1万4000人を超えると推定され、とくに11月から3月の寒い季節の事故が多くなっています。年間1万4000人は交通事故による死亡者数を上回っています。このように日本で入浴... 続きを読む