ロキソニンSテープLの効能・用量・副作用など

ロキソニンSテープLの基本情報

ロキソニンSテープL

ロキソニンSテープL

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 リードケミカル
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 要指導医薬品
リスク区分 要指導医薬品

ロキソニンSテープLの特徴

すぐれた鎮痛消炎効果をもつ医療用成分[ロキソプロフェンナトリウム水和物]を,医療用と同量配合。
●腰・肩・関節・筋肉の痛みにすぐれた効き目。
●痛みの芯まで直接浸透,つらい痛みにしっかり効く。
●1日1回,密着&伸縮タイプ(微香性)。
●広範囲な部位に使いやすい,大判サイズ。

ロキソニンSテープLの効能効果

腰痛,肩こりに伴う肩の痛み,関節痛,筋肉痛,腱鞘炎(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘など),打撲,捻挫

ロキソニンSテープLの用法用量

表面のライナー(フィルム)をはがし,1日1回患部に貼付して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)本剤は,痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく,痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤なので,症状がある場合だけ使用して下さい。
(3)1日あたり2枚を超えて使用しないで下さい。
(4)汗をかいたり,患部がぬれている時は,よく拭きとってから使用して下さい。
(5)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用して下さい。

ロキソニンSテープLの成分分量

膏体100g中
ロキソプロフェンナトリウム水和物 5.67g (無水物として5g)
[1枚あたり(10cm×14cm)膏体量2g]
(添加物)
スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー,ポリイソブチレン,水添ロジングリセリンエステル,BHT,l-メントール,流動パラフィン,その他2成分

ロキソニンSテープLの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないで下さい。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,外用鎮痛消炎薬を使用してぜんそくを起こしたことがある人
(3)15歳未満の小児
2.次の部位には使用しないで下さい。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)しっしん,かぶれ,傷口
(3)みずむし・たむし等又は化膿している患部
3.本剤を使用している間は,他の外用鎮痛消炎薬を使用しないで下さい。
4.連続して2週間以上使用しないで下さい。(本剤は痛みを一時的におさえるものです。痛み等の症状が継続する場合には,使用を中止し,医師の診療を受けて下さい)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人
(4)高齢者
(5)次の診断を受けた人
気管支ぜんそく
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この外箱を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,かぶれ,水疱,青あざができる,色素沈着
消化器:胃部不快感,みぞおちの痛み
その他:むくみ
3.使用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,この外箱を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
下痢・軟便
4.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この外箱を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。(他の疾患の可能性があります)

ロキソニンSテープLの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)品質保持のため,開封後の未使用分は袋に入れ,袋のチャックをきちんと閉めて保管して下さい。
(5)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

ロキソニンSテープLが気になる人向けのコラム

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

その肩の痛み病院に行かなくてはならないかも

なぜ肩こりが起こるのか

肩こりの原因のほとんどは、姿勢の悪さや運動不足、ストレスなどふだんの生活習慣です。
肩こりの悪循環を断ち切るために - gooヘルスケア

一般的な肩こりは、生活習慣からきています。長時間同じ姿勢でいる... 続きを読む

もしも病気になったら… 患者に気持ちを理解する医者を探すには

保険診療であれば、医療機関はどの患者も平等に受け入れなければいけないことになっています。また、どの病院に行っても、どの医師に診てもらっても、質を問わず同じ種類の医療行為は同じ値段で提供されます。最近では、「標準治療」といって科学的根拠の観... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む