アスベリンの処方目的・適応

[エプラジノン塩酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩の適応症]感冒,上気道炎(咽喉頭炎,鼻カタル),急性気管支炎,慢性気管支炎,肺炎,肺結核,気管支拡張症に伴うせき・たんの除去
*成分によって適応症は若干異なります。

アスベリンの解説

コデインリン酸塩水和物麻薬系中枢性鎮咳薬と同様,延髄の咳嗽(がいそう)中枢に働いてせきを止めます。このような薬剤を「中枢性鎮咳薬」といいます。モルヒネやコデインがその代表ですが,最近は種々の中枢性鎮咳薬が合成されています。

アスベリンの使用上の注意

一般的注意

*デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(メジコン),チペピジンヒベンズ酸塩(アスベリン)などの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]モノアミン酸化酵素阻害薬の服用中
[ペントキシベリンクエン酸塩]緑内障
(2)服用法……[チペピジンヒベンズ酸塩]シロップの場合は,均一となるようによく振って,沈殿が生じていないことを確認してから服用してください。
(3)赤い尿……[チペピジンヒベンズ酸塩]本剤の代謝物によって赤味がかった着色尿がみられることがあります。
(4)危険作業は中止……[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]本剤を服用すると,眠けを催すことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・低出生体重児・新生児~小児での安全性:未確立。
[チペピジンヒベンズ酸塩]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物,クロフェダノール塩酸塩,チペピジンヒベンズ酸塩](1)ショック,アナフィラキシー様症状(せき,腹痛,嘔吐,発疹,呼吸困難など)。
[デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物](2)呼吸抑制。
[クロフェダノール塩酸塩](3)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),多型滲出性紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。