マーズレンS配合顆粒の処方目的・適応

胃潰瘍,十二指腸潰瘍
[L-グルタミン配合剤のみの適応症]胃炎

マーズレンS配合顆粒の解説

ゲファルナートテルペン系抗潰瘍薬同様,潰瘍の防御因子(胃壁を強化する,胃壁に膜をはる)を強めるグルタミン酸が効果の主体です。

マーズレンS配合顆粒の使用上の注意

一般的注意

*L-グルタミン配合剤(マーズレンS配合顆粒,エピサネートG配合顆粒)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……[エピサネートG配合顆粒]緑内障/前立腺肥大による排尿障害/重い心疾患/麻痺性イレウス/ナトリウム摂取制限を必要とする人(高ナトリウム血症,浮腫,妊娠高血圧症候群など)/透析療法を受けている人
(2)慎重に服用すべき場合……[エピサネートG配合顆粒]前立腺肥大/甲状腺機能亢進症/うっ血性心不全,不整脈/潰瘍性大腸炎/腎機能障害/心機能障害/肺機能障害/高温環境にある人/便秘のある人/低クロル性アルカローシスなどの電解質失調のある人
(3)危険作業に注意……[エピサネートG配合顆粒]本剤を服用すると視調節障害,眠けをおこすことがあります。服用中は自動車の運転などの危険を伴う機械の操作には注意してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[エピサネートG配合顆粒](1)(長期連用で)偽アルドステロン症(低カリウム血症,血圧上昇,ナトリウム・体液の貯留,浮腫,体重増加など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。