ブスコパンの使用上の注意

一般的注意

*チキジウム臭化物(チアトン),チメピジウム臭化物水和物(セスデン),ブチルスコポラミン臭化物(ブスコパン)などの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……緑内障/前立腺肥大による排尿障害/重い心疾患/麻痺性イレウス(腸閉塞)/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/[ブチルスコポラミン臭化物]出血性大腸炎/[コランチル配合顆粒]透析療法を受けている人
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……[ブチルスコポラミン臭化物]細菌性下痢のある人
(3)慎重に服用すべき場合……前立腺肥大/甲状腺機能亢進症/うっ血性心不全/不整脈/潰瘍性大腸炎/高温環境にある人/[チキジウム臭化物]高齢者
(4)尿の色……[チメピジウム臭化物水和物]本剤の代謝物により,赤味がかった着色尿が現れることがあります。
(5)危険作業は中止……[チメピジウム臭化物水和物]本剤を服用すると,視調節障害,眠け,めまいなどをおこすことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)危険作業に注意……[チキジウム臭化物,ブチルスコポラミン臭化物]本剤を服用すると,羞明,眼の調節障害などをおこすことがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(7)その他……
[チキジウム臭化物]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。
[チメピジウム臭化物水和物]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。
[ブチルスコポラミン臭化物]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[チキジウム臭化物,ブチルスコポラミン臭化物](1)ショック,アナフィラキシ-様症状(血圧低下,呼吸困難,発赤,じん麻疹,血管浮腫など)。
[チキジウム臭化物のみ](2)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ブスコパン - PC

PCC  説明(別ウィンドウ表示)