ミオナールの処方目的・適応

スモン,痙性脊髄麻痺,筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症,頸部脊髄症,外傷後遺症(脊髄損傷,頭部外傷),術後後遺症による痙性麻痺/頸肩腕症候群,腰痛症による筋緊張状態の改善
[トルペリゾン塩酸塩のみの適応症]脳卒中後遺症,脳性麻痺,多発性硬化症,後縦靱帯(じんたい)骨化症による痙性麻痺/変形性脊椎症による筋緊張状態の改善
[エペリゾン塩酸塩のみの適応症]脳血管障害,脳性小児麻痺,脊髄血管障害,その他の脳脊髄疾患による痙性麻痺/肩関節周囲炎による筋緊張状態の改善

ミオナールの解説

構造的には骨格筋弛緩薬の一つで,プリジノールメシル酸塩プリジノールメシル酸塩に近いものです。作用は中枢性と考えられています。
英米では,プリジノールメシル酸塩も本剤も使われていません。効果についての再評価が必要な薬と思われます。類似薬にエペリゾン塩酸塩があります。

ミオナールの使用上の注意

一般的注意

*トルペリゾン塩酸塩(ムスカルム),エペリゾン塩酸塩(ミオナール)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……薬物過敏症の前歴/肝機能障害
(3)危険作業は中止……脱力感,眠け,ふらつきなどが現れることがあるので,服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:[エペリゾン塩酸塩]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(発赤,かゆみ,じん麻疹,顔面などのむくみ,呼吸困難など)。
(2)[トルペリゾン塩酸塩]胸内苦悶,呼吸障害。
(3)[エペリゾン塩酸塩]皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。