ノイクロニックの処方目的・適応

不眠症/麻酔前投薬(ただし,ニメタゼパム,ハロキサゾラム,ロルメタゼパムには麻酔前投薬の適応はありません)
[ニトラゼパムのみ]異型小発作群(点頭てんかん,ミオクローヌス発作,失立発作など),焦点性発作(焦点性けいれん発作,精神運動発作,自律神経発作など)

ノイクロニックの解説

1960年以後,数多くのベンゾジアゼピン系薬剤が臨床に導入され,精神身体医学が一躍脚光をあびました。
一般的にベンゾジアゼピン系薬剤は,大脳辺縁系や視床下部における情動機能の抑制や大脳辺縁系賦活機構を抑制し,抗不安作用,抗けいれん作用,催眠作用,筋弛緩作用などを示します。ベンゾジアゼピン系薬剤のうち,いくつかは催眠作用が強く,精神安定剤として使われるよりも多くは不眠症治療に使われています。
最初にニトラゼパムが導入され,それ以後も続々と新薬が開発されています。リルマザホン塩酸塩水和物はベンゾジアゼピン系に近いもので,ここに分類しました。依存性などには同じような注意が必要です。
アルコールとの併用は効果が増強されたりするので避けてください。

ノイクロニックの使用上の注意

警告

[トリアゾラム]本剤の服用後に,もうろう状態,睡眠随伴症状(夢遊症状など)が現れることがあります。また,入眠までの,あるいは中途覚醒時の出来事を記憶していないことがあるので注意してください。

一般的注意

*トリアゾラム(ハルシオン),フルニトラゼパム(サイレース)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤に対するアレルギーの前歴/急性狭隅角緑内障/重症筋無力症
[トリアゾラムのみ]以下の薬剤の服用中→イトラコナゾール,フルコナゾール,ミコナゾール,ホスフルコナゾール,ボリコナゾール,HIVプロテアーゼ阻害薬(インジナビル,リトナビルなど),エファビレンツ,テラプレビル
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……肺性心,肺気腫,気管支ぜんそくおよび脳血管障害の急性期などによる呼吸機能の高度な低下
(3)慎重に服用すべき場合……心障害/肝機能障害またはその前歴/腎機能障害/脳の器質的障害/高齢者,衰弱している人
[フルニトラゼパムのみ]妊婦または妊娠している可能性のある人,小児
(4)服用法……不眠症の改善に本剤を服用するときは,就寝の直前に服用してください。また,睡眠の途中に一時的に起床して仕事などを行うと健忘(物忘れ)が現れることがあるので,仕事などを行う可能性があるときは服用しないでください。
[クアゼパム]食後の服用で薬の吸収量が空腹時の2~3倍になります。食後2時間以上の間をあけ,就寝直前に服用します。
(5)アルコール(飲酒)……アルコールと併用すると,精神機能・知覚・運動機能などの低下が増強することがあるので,服用するときはできるだけ飲酒を控えてください。
(6)危険作業は中止……本剤を服用すると,本剤の影響が翌朝以後に及び,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(7)その他……
・妊婦での安全性:トリアゾラム→有益と判断されたときのみ服用。フルニトラゼパム→原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)大量連用による薬物依存,服用量の急激な減少・服用の中止による離脱症状(けいれん発作,せん妄,振戦,不眠,不安,幻覚,妄想など)。(2)一過性前向性健忘(中途覚醒時の出来事を覚えていない),もうろう状態。(3)呼吸抑制。(呼吸機能が高度に低下している人の場合で)炭酸ガスナルコーシス。(4)肝機能障害,黄疸。(5)精神症状(刺激興奮,錯乱,攻撃性,夢遊症状,幻覚,妄想,激越など)。
[トリアゾラムのみ](6)ショック,アナフィラキシー様症状(発疹,血管性浮腫,呼吸困難など)。
[フルニトラゼパムのみ](7)横紋筋融解症(筋肉痛,脱力感,CK上昇,血中・尿中ミオグロビン値の上昇)。(8)他の抗精神病薬との併用による悪性症候群(高熱・意識障害・高度の筋硬直・不随意運動・発汗など)。(9)意識障害(うとうと状態から昏睡など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。