コンスタンの処方目的・適応

心身症(消化器疾患,循環器疾患,心臓神経症,内分泌系疾患,更年期障害,腰痛症,頸肩腕症候群,自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・焦躁・抑うつ・睡眠障害など(クロラゼプ酸2カリウム,トフィソパムを除く)/神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱・強迫・恐怖・睡眠障害など(トフィソパム,クロチアゼパム,フルタゾラム,アルプラゾラム,フルジアゼパムを除く)
[エチゾラム,ブロマゼパム,クロルジアゼポキシド,ジアゼパムのみ]うつ病における不安・緊張・睡眠障害
[クロチアゼパム,ブロマゼパム,クロキサゾラム,ジアゼパム,オキサゾラムのみ]麻酔前投薬,術前の不安除去
[エチゾラムのみ]統合失調症における睡眠障害/頸椎症・腰痛症・筋収縮性頭痛における不安・緊張・抑うつ・筋緊張
[クロチアゼパムのみ]自律神経失調症におけるめまい・肩こり・食欲不振
[ジアゼパムのみ]脳脊髄疾患に伴う筋けいれん・疼痛
[トフィソパムのみ]以下の疾患における頭痛・頭重,倦怠感,心悸亢進,発汗などの自律神経症状→自律神経失調症,頭部・頸部損傷,更年期障害・卵巣欠落症状

コンスタンの解説

精神安定薬を処方されると,自分はノイローゼではないと考え,服用しない人がいます。しかし,ベンゾジアゼピン系の薬剤には精神安定化作用のほかに,病人が気づかない緊張感を和らげたり,自律神経を安定させたりする作用があります。自分の判断で勝手に服用を中止したりしてはいけません。
人によっては眠けが強く出ることがありますが,眠けが少ない製剤もあるので処方医と相談してください。また,アルコールとの併用は効果が増強されたりするので避けてください。

コンスタンの使用上の注意

一般的注意

*エチゾラム(デパス),ジアゼパム(セルシン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……急性狭隅角緑内障/重症筋無力症
[ジアゼパム]リトナビルエイズ治療薬(2)の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……心機能障害/肝機能障害,腎機能障害/脳の器質的障害/中等度の呼吸障害または重い呼吸障害(呼吸不全)/小児,高齢者,衰弱している人
(3)依存性……作用持続型の製剤(フルトプラゼパム,ロフラゼプ酸エチル,プラゼパム)も出現していますが,依存性には特に注意してください。
(4)アルコール(飲酒)……アルコールと併用すると,精神機能, 知覚・運動機能の低下をおこすおそれがあるので,服用するときはできるだけ飲酒を控えてください。
(5)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)薬物依存,服用量の急激な減少や服用中止による離脱症状(けいれん発作,せん妄,ふるえ,不眠,不安,幻覚,妄想など)。(2)呼吸抑制。
[エチゾラムのみ](3)本剤の服用,本剤の急激な減量・中止,抗精神病薬などとの併用による悪性症候群(発熱,強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,頻脈,血圧の変動,発汗など)。(4)肝機能障害,黄疸。(5)横紋筋融解症(筋肉痛,脱力感など)。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
[ジアゼパムのみ](7)(統合失調症などの精神障害での服用で)刺激興奮,錯乱。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

コンスタン - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)