パキシル

優良な非公開求人が多数あります。
gooヘルスケア×リクナビ薬剤師 薬剤師の求人情報をしらべる
製品名
パキシル
処方薬/OTC医薬品
処方薬/先発品
分類
抗うつ薬>選択的セロトニン再取り込み阻害薬>パロキセチン塩酸塩水和物
製造販売会社
グラクソ
保険薬価
錠剤5mg 1錠 65.50円
錠剤10mg 1錠 114.80円
錠剤20mg 1錠 201.30円
1日量
20~40mg 1回
同じ分類の薬
先発薬: デプロメール  ルボックス  ジェイゾロフト  レクサプロ    ジェネリック薬: フルボキサミンマレイン酸塩 

パキシル錠10mg

パキシル錠20mg
お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。

処方目的・適応 - パキシル

うつ病・うつ状態
[フルボキサミンマレイン酸塩のみ]強迫性障害
[パロキセチン塩酸塩水和物,塩酸セルトラリンのみ]パニック障害

解説 - パキシル

アメリカで10年ほど前からうつ病の新薬としてもてはやされているプロザック(商品名)と同じ系列の薬です。ちょっとしゃれてSSRIと呼びます。
うつ病治療に繁用されてきた三環系抗うつ薬の作用機序は,ノルアドレナリンなどの再取り込み阻害作用によるとされています。三環系抗うつ薬にはセロトニンの再取り込み阻害作用もあることから,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が開発され,欧米で繁用されてきました。
フルボキサミンマレイン酸塩は日本で初めてのSSRIです。三環系抗うつ薬とSSRIの作用はほぼ同等ですが,安全性の面ではSSRIには抗コリン作用や心毒性がなく,大量服用でも安全性が高いとされています。パロキセチン塩酸塩水和物,塩酸セルトラリンもSSRIです。

使用上の注意 - パキシル

一般的注意

*フルボキサミンマレイン酸塩(ルボックス)の添付文書による
■一般的注意■
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/モノアミン酸化酵素阻害剤(選択的B型モノアミン酸化酵素阻害剤〈セレギリン塩酸塩〉含む)の服用中/チオリダジン,ピモジド,チザニジン塩酸塩,ラメルテオンの服用中
(2)特に慎重に服用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……シサプリドの服用中
(3)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/重い腎機能障害/てんかんなどのけいれん性疾患またはその前歴/自殺念慮または自殺企図の前歴,自殺念慮のある人/躁(そう)うつ病/脳の器質障害または統合失調症の素因のある人/心疾患/出血性疾患/小児,高齢者
(4)服用法……本剤は十分な水(150ml以上)とともに服用し,かみ砕かないようにしてください。かみ砕くと苦みがあり,舌のしびれ感が現れることがあります。
(5)急な減量・中止……本剤の服用量を急激に減らしたり中止したりすると,頭痛,吐きけ,めまい,不安感,不眠,集中力低下などが現れるとの報告があります。自己判断で減量や中止をしないでください。
(6)妊娠……服用中に妊娠が判明した場合は処方医へ連絡してください。服用を中止することになります。
(7)死亡例……因果関係は不明ですが,本剤の服用中に自殺,心筋梗塞,AVブロック,動脈瘤,肺塞栓症・肺炎・出血性胸膜炎などの呼吸器系障害,再生不良性貧血,脳内出血,肺高血圧症,低ナトリウム血症,腫瘍またはがん,膵炎,糖尿病による死亡例が報告されています。
(8)その他……
・〈妊婦→回避〉〈授乳婦→回避・授乳中止〉〈小児→未確立〉〈危険作業→回避〉

副作用の注意
重大な副作用

(1)せん妄,錯乱,幻覚,妄想,けいれんなどがおこることがあります。
(2)不安,発汗,反射亢進,戦慄,頻脈,ふるえ,発熱,協調異常などのセロトニン症候群がおこることがあります。水分を十分に補給して,すぐに処方医に連絡してください(炭酸リチウムとの併用でおこりやすい)。
(3)悪性症候群がおこることがあります。無動緘黙(かんもく)(緘黙=無言症),強度の筋強剛,嚥下(えんげ)困難,頻脈,発汗などが発現し,引き続いて発熱がみられたら,水分の補給,体を冷やすなどして,ただちに処方医へ連絡してください。高熱が続き,意識障害,呼吸困難,脱水症状,急性腎不全へと移行して死亡した例が報告されています。
(4)低ナトリウム血症,けいれん,意識障害などを伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)がおこることがあります。
(5)ショック,アナフィラキシー様症状がおこることがあります。
(6)[フルボキサミンマレイン酸塩,ミルナシプラン塩酸塩]白血球減少,血小板減少がおこることがあります。
(7)[フルボキサミンマレイン酸塩,パロキセチン塩酸塩水和物,塩酸セルトラリン]肝機能障害や黄疸が現れることがあります。
(8)[塩酸セルトラリン]発熱,紅斑,かゆみ,眼充血,口内炎などで始まる皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群)などの重い皮膚障害が現れることがあります。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,じん麻疹,湿疹,かゆみ,光線過敏性反応)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……眠け,めまい・ふらつき・立ちくらみ,頭痛,不眠,頭がボーッとする,ぼんやり,集中力低下,記憶減退,動作緩慢,あくび,圧迫感,抑うつ感,神経過敏,焦燥感,不安感,躁転,気分高揚,舌麻痺,言語障害,しびれ,運動失調,知覚異常,異常感覚・冷感,激越,一過性の意識障害,性欲障害/錐体外路症状:振戦,アカシジア様症状(静坐不能),顎の不随意運動,開口障害,頬筋のけいれんなど/頻脈,動悸,起立性低血圧,徐脈/貧血/吐きけ・悪心,口渇,便秘,嘔吐,下痢,腹痛,腹部膨満感,食欲不振,消化不良,空腹感,口腔内粘膜腫脹/排尿困難,排尿障害,頻尿,乏尿/倦怠感,脱力感,上肢の虚脱,息切れ,胸痛,熱感,ほてり,灼熱感,発汗,視調節障害,眼痛,眼圧迫感,目がチカチカする,耳鳴り,鼻閉,苦味,歯がカチカチする,体重増加,脱毛,乳汁漏出,勃起障害・射精障害,関節痛,筋肉痛,むくみ,発熱
(3)検査などでわかる副作用……血圧上昇,低血圧/白血球減少,ヘモグロビン減少,紫斑/AST・ALT・LDH・γ-GTP・AL-P上昇/BUN上昇,尿タンパク陽性/カリウム上昇・低下,ナトリウム低下,低ナトリウム血症/CK上昇,血清鉄の上昇・低下,高プロラクチン血症

他の薬剤使用時の注意

(1)本剤と併用してはいけない薬剤……セレギリン塩酸塩/[フルボキサミンマレイン酸塩,パロキセチン塩酸塩水和物]チオリダジン,ピモジド/[フルボキサミンマレイン酸塩]チザニジン,ラメルテオン
(2)注意して併用しなければならない薬剤・薬物……炭酸リチウム,フェニトイン,カルバマゼピン,三環系抗うつ薬,フェノチアジン系抗精神病薬(ペルフェナジン),リスペリドン,ベンゾジアゼピン系薬剤,オランザピン,クロザピン,メキシレチン塩酸塩,ロピニロール塩酸塩,テオフィリン,シクロスポリン,ワルファリンカリウム,ベーター・ブロッカー(メトプロロール酒石酸塩,プロプラノロール塩酸塩,マレイン酸チモロール),スマトリプタンコハク酸塩,L-トリプトファンを含む製剤(アミノ酸製剤,経腸成分栄養剤),抗不整脈剤(プロパフェノン塩酸塩,フレカイニド酢酸塩),キニジン,シメチジン,ジゴキシン,エピネフリン,ノルエピネフリン/アルコール

海外評価 - パキシル

5.5点  イギリスでの承認・発売あり  アメリカでの承認・発売あり  ドイツでの承認・発売あり  フランスでの承認・発売あり   評価についての説明

PC - パキシル

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

薬を飲む際は、医師の診断が必要です。


製品名 識別コード [ 識別コードとは? ]
メーカー名 [ 一覧 ]
優良な非公開求人が多数あります。
gooヘルスケア×リクナビ薬剤師 薬剤師の求人情報をしらべる
コンティニュア対応血圧計

トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 クイズ形式でチャレンジ!「ダイエット検定」
特集
みんなが笑顔になる美味しいメニューみんなが笑顔になる美味しいメニューテルウェル東日本が運営する社員食堂をご紹介します
【HSP】ひーとしょっくぷろてぃん【HSP】ひーとしょっくぷろてぃんあらゆる生物に備わっていて、健康や美容に効果があるたんぱく質
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
豆腐の衣揚げ カリカリにんにく豆腐の衣揚げ カリカリにんにく
揚げたにんにくの食感がアクセント
足がつるのはなぜ?その原因と対策足がつるのはなぜ?その原因と対策
その原因を知れば、夜中に悶える心配なし!
働き盛りの健康9 女性視点からの災害対策働き盛りの健康9 女性視点からの災害対策
働く子育て中の女性は、通常の備え以上に多くのことが必要
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内