カウンセリングとは

カウンセリングとは

カウンセリングとは、カウンセラーがあなたの悩みをお聞きすることで、疲れたこころをほぐし、あなたの人間的な成長をお手伝いすることです。カウンセリングは、いわゆる「人生相談・身の上相談」とは異なります。「人生相談・身の上相談」は問題の解決そのものを目的とするため、相談に対して具体的・直接的アドバイスを与えます。一方、カウンセリングは相談に来たその人自身に焦点をあてるため、その人が問題解決も含めて人間的に成長できるようお手伝いいたします。

たとえば、いつも落ち込みやすいクセをもっているとか、人間関係で失敗しやすいといった、その人特有の行動や考え方などのパターンに、その人自身が気づきを深めることを助け、それらを変化させて、いつも同じような不快な気分に悩まされたりミスを繰り返したりしなくてもすむようになることを目指します。そして、自己をより信頼し、その人らしく生き生きと生活できるようになることをサポートするものです。

カウンセラーはクライアントのこころの中に溜まっていることを言語化することで顕在化できるよう導きます。その上で、その問題について共に理解し、解決に向けて歩んでいきます。クライアントとカウンセラーは心の奥深いところまで話をしたとしても、決して「友だちや親友」の関係ではありませんので、カウンセリングではカウンセラーの個人的な価値観そのものに基づいたアドバイスをするのではなく、クライアントにとって一番よいと思われる新しい価値の創造を共にサポートします。その意味において、カウンセラーには専門的技術が要求されます。

なぜカウンセリングが必要なの?

気付かないうちに溜まっていくストレスや悩み。 こころからの赤信号をそのままにしていませんか? ささいなことだと思ってしまいがちですが、こころには大きな負担となって、仕事や家庭などあなたの生活に影響をあたえます。家族や友人に悩みを話しても他人事にされてしまったとき、誰にも言えずに一人で抱え込んで悩んでしまったとき、こころが疲れてしまったとき、そんなときカウンセリングを利用し、より豊かな生活を送りましょう。

人が生きていく上で、悩みをもつことは自然なことです。そして、人生のさまざまな場面で悩みに直面し、生きていく意味を考えたり、それを克服しようとしたりすることを通して、人は自分を成長させることができます。その過程の中で、自分のためにカウンセリングを活用することは、変化の激しい現代社会に生きる私たちにとって人生の大切な知恵だといえるでしょう。悩みを自分ひとりで抱え込まず、それを専門家にオープンにできること、それはすでに問題解決へ向けてのスタートが切られていることにほかならないからです。

悩みで自分が押しつぶされてストレス状態におちいる前に、専門家の適切な援助を受け、そしてあなたが、これからの人生で出会う悩みを恐れずに豊かな人生を歩めたら、それはどれだけすばらしいことでしょう。

カウンセリングの相談ジャンル

「カウンセリングってどんなことをするの?」「どんな悩みを聞いてくれるの?」・・・そんな不安をもっている方も多いかもしれません。カウンセリングは決して特別なものではありません。悩んでいる時、何かに迷ったりした時に、いつでも、どんな事でも、気軽に相談できる・・・それがカウンセリングです。あなたのより良い人生のために、カウンセリングを活用してみませんか。

[相談ジャンル]
自分自身: 性格・自己理解、自己実現、自信回復、生きがい発見など
職場や仕事: キャリアアップ、適職探し、職場の人間関係改善など
人間関係: コミュニケーション力アップ、対人面の不安・イライラの解消など
恋愛・結婚: より良い恋愛・結婚、パートナーとの関係改善など
夫婦・家族: 家族とのコミュニケーション・夫婦関係の改善など
教育: 進路・教育問題、親子関係の改善など
妊娠・育児: 育児不安、マタニティーブルーの緩和など
自己管理・生活: 生活習慣・行動パターンの改善など
感情・気分: うつ・不安感・孤独感・トラウマなどの心のケア
こころと体の健康: ストレスマネジメント、心身の健康維持など
メンタルトレーニング: 目標設定、モチベーション向上、集中力強化など