PMS(月経前症候群)

月経前症候群(PMS=premenstrual syndoreme)と診断される場合、症状は月経の2週間前くらいから現れ、月経の初日か次の日頃に静まります。月経前症候群に伴う症状は様々ですが、日常生活に支障をきたす程重症な場合のみ診断されます。
よく見られる症状は、
・極度に不機嫌になる、落ち込む、または不安になる
・むくむ、体重が増える
・怒りっぽい
・腹痛
・便秘または下痢
・手足の腫れ
・疲れ
・不整脈や動悸
・筋肉や関節の痛み
・記憶力の低下、集中困難
・不眠、過眠
・暴食など、食欲の変化
・頭痛
月経前症候群はホルモンと脳の神経の働きによって調停されています。自分か、家族がうつ病を抱えている人もなりやすいといわれています。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。