PTSD

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは、恐ろしい体験や圧倒的な体験から精神的に外傷(トラウマ)を受け、それによって強い感情的反応が症状として現れる障害です。暴行、強盗、災害、事故、レイプ、幼児期の虐待、いじめ、戦争などがトラウマ的体験としてあげられます。
また本人が実際にその様な体験をしていなくても、事件を目撃したり、家族が巻き込まれたりというような人でもPTSDになる可能性があります。

PTSDの症状でよく見られるのが、フラッシュバックによるトラウマ的出来事の再体験、悪夢、恐怖感などです。また、無感情、集中困難、うつ、不安感、イライラや怒り、強い罪悪感、睡眠障害なども見られます。毎年その体験をした日などに症状が現れる場合もありますが、普段から体験を思い出させたり連想させるものや人、場所などを極力避けようとするために、社会生活に支障が出てくる人が多いようです。
また、アルコール依存症や摂食障害を合併してるケースも多く見られます。症状は通常3ヶ月以内に見られ始めますが、数年も経ってから現れる場合もあります。

カウンセリングでは安全な環境で徐々にトラウマを和らげていきます。体験そのものの記憶を消すことは出来ませんが、日常が体験によって支配されなくなり、体験に自分なりの意味付けをするといったことでPTSDからの回復を期待できるでしょう。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。