認知行動療法(Cognitive BehavioralTherapy)

人にはそれぞれ、その人特有の考え方や感じ方の傾向があり、それが感情のコントロールに影響を及ぼしています。例えば、いつもネガティブな考え方をしている人は憂うつな気分に悩まされることになります。また、憂うつになったり、感情が不安定なため社会にうまく適応できない人のなかには、歪んだ物のとらえ方をしていることが原因と考えられる場合があります。

このように、独特の考え方や価値観、固定的な思考パターン(認知)に問題があると考えられる場合、認知の歪みを修正する「認知行動療法」が行われます。認知行動療法では、自分の「心のくせ」や思考のパターンを知り、それをより柔軟性の高いものに変化させ、実際に行動のパターンを変えていき、気分の改善を図ったり社会への適応性を高めたりしていきます。認知行動療法はうつ病の予防や改善に効果的であると言われています。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。