テクノストレス

テクノストレスという名称は、1984年、米国の臨床心理学者クレイグ・ブロード氏によってつくられた造語です。コンピューターへの過剰適応である「テクノ依存症」と適応不安を抱く「テクノ不安症」があります。「テクノ依存症」は、日々の生活の中で、コンピューターを使う時間が多くなっていることに慣れ、コンピューターがないと不安に感じたり、人付き合いを煩わしく感じるようになる症状のこといいます。一方「テクノ不安症」は、コンピューターの操作がうまくできずにストレスがたまり、苦痛や恐怖心を感じるようになって、肩こりやめまい、ゆううつな気分が続くなど、心身に不調をきたすことをいいます。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。