ピグマリオン効果 Pygmalion effects

1964年に米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された、期待と成果に関する効果のこと。ローゼンタールは学校における実験を通し、「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」ことを主張しました。

もともとは、ローゼンタールが行ったネズミを用いた実験で、「このネズミは利口なネズミの系統」と学生に伝えたネズミと、「このネズミは動きが鈍いネズミの系統」と学生に伝えたネズミとの間で、迷路による実験結果の差を調べたところ、「利口なネズミ」と伝えられていたネズミの方が結果が良かったという実験に由来します。
このことからローゼンタールは、期待をこめて他者に対応することによって、期待をこめられた他者の能力が向上すると仮説をたて、学校における実験を行うに至りました。

ピグマリオンとはギリシア神話に登場する王の名前で、ピュグマリオン王が作らせた女性の彫像があまりにも美しかったため、その彫像に恋焦がれたピュグマリオンの願いに応え、アフロディーテ神が女性の彫像を人間に変えたという神話から、ローゼンタールが名づけたものです。
この効果は、言葉を変えると「信じていることが現実化すること」とも言えます。主に教育学の世界で用いられる用語で、ポジティブな期待をこめて育てられた子は、期待を受けて期待通りの成長をすると考えられています。しかし一方で、この効果に対する異論も唱えられており、そもそものローゼンタールの実験自体に問題があったとする説も出されています。

産業領域においては、このピグマリオン効果と似た概念として、「ホーソン効果(Hawthorne effects)」と呼ばれるものが存在します。ホーソン効果とは、「労働者の作業成果は、上司から注目されることと、周囲の関心に影響を受ける」という効果のことです。作業成果はその作業にあてた時間と、得られる報酬(賃金)の影響を受けると考えるのが自然であると思われますが、実際にはそれ以上に、上司や周囲からの期待に左右されるということです。

過剰な期待はプレッシャーのもととなり、必ずしも成果に直結するとは言いがたいのですが、適切に上司から目をかけてもらい、周囲からも関心を持ってもらうことが、労働者の生産性を向上させると考えられます。
ローゼンタールは「人は常に相手の期待に対し最も敏感に反応する」と言っています。周囲とのかかわりの中で、相互に期待と関心を持ち合うことが、全体の生産性アップにつながると言えるのです。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。