欲求の階層説

人間性心理学の生みの親とされる、米国の心理学者アブラハム・マズローの提唱した“自己実現理論”によると、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物である」と定義されています。
 理論の中心をなす説として、“欲求の階層説”があり、人間の基本的欲求は次の5つの階層に分けられるとされています。
1. 生理的欲求
 人間が生きていく上で必要とされる、衣食住などの根源的な欲求
2. 安全の欲求
 外敵から守られているという安全を求める欲求
3. 親和(所属愛)の欲求
 他者との関わりを求めたり、他者と同じでいたいと思う欲求
4. 自我(自尊)の欲求
 自分が所属する集団から、価値のある存在と認められたいと思う欲求
5. 自己実現の欲求
 自分の能力や可能性を発揮し、成長していきたいと思う欲求

 マズローはこの5つの階層を、ピラミッド図で示し、最も基礎となる最下層に1.生理的欲求を配置し、順に上に行くにしたがって2〜5の欲求を配置しました。
 この理論の特徴的な点は、下位の欲求が満たされることによって上位の階層へ移行するとした点です。例えば、人間は「自分は安全な場所にいる」という安全の欲求が満たされて初めて、「他者と関わりを持ちたい」という親和(所属愛)の欲求がわいてくると考えられています。

 この説で言うと、職場や家庭が自分にとって守られた、安心できる場であると実感できて初めて、「人との関係を良好に保ちたい」という思いが生まれると言えます。また、逆の方向をたどれば、他者との関わりが良好でない環境に置かれると、まず自分の身を守らなくてはいけないという下位の階層に移行すると考えることもできます。
 つまり人間は、きちんと食事がとれ、ゆっくり眠ることができ、生命が守られているという安心感を得て初めて他者との関わりを求めるものであり、他者との良好な関わりが満たされると、周囲から価値のある存在として認められたいと願い、それが充足して初めて、自己成長を望み、能力を発揮しようという意欲がわいてくると言えるのです。

 そう考えていくと、食事や睡眠がしっかりとれていない状況に置かれた人に、「向上心が見られない」と叱咤激励したとしても、一足飛びの変化を期待するのは難しいということになります。自分の生活に置き換えた時、自分は今どの段階まで満たされているかに気づくことができると、次に進む方向性も見えてくるのかもしれません。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。