学習性無力感 learned helplessness

 米国の心理学者であるセリグマンが、1967年に提唱した心理学理論。長期間、回避不能な嫌悪刺激にさらされ続けると、その刺激から逃れようとする自発的な行動が起こらなくなること。

 セリグマンとマイヤーは、犬を用いた実験を行い、無力感が学習されるものであることを発見した。セリグマンらが行った実験の概要は次のようなものである。電気ショックの流れる部屋の中に犬を入れ、一方の犬はボタンを押すと電気ショックが止められる装置のついた場所、他方の犬は何をやっても電気ショックを止めることのできない場所に入れる。前者の犬は、ボタンを押すと電気ショックを回避できることを学習し、自発的にボタンを押すようになったが、後者の犬は何をやっても回避できないため、ついには何も行動しなくなり、甘んじて電気ショックを受け続けるようになった。
 その後、電気ショックを回避できる部屋に犬を移動させて実験を続けたところ、前者の犬は回避行動を自発的に行ったのに対し、後者の犬は行動しようとはしなかった。 これら一連の実験結果からセリグマンは、無気力状態とは学習されるものであることを発見し、この現象を“学習性無力感”と呼んだ。

 その後セリグマンは、この理論を人間の行動に当てはめて解説をし、現在では抑うつとの関連を検討する研究も盛んに行われている。“学習性無力感”を抱いた状態とはつまり、「自分が何をしても、状況は変わらない」という思いを抱く状態のことといえる。こういった思いを抱いている人や、抱かざるを得ない状況は、身近に存在するものである。

 “学習性無力感”の結果引き起こされる問題として、以下の点が指摘されている。
1.環境に対する積極的・自発的な働きかけが起こらなくなる
2.成功体験を学習することが困難になる
3.無力感や苛立ちなどの情緒的混乱が起こる

 セリグマンの犬の実験では、嫌悪刺激として電気ショックが採用されたが、人間の場合には様々な刺激が嫌悪刺激となり得る。身体への嫌悪刺激のみならず、精神的な嫌悪刺激が無気力状態を引き起こすことも、容易に想像できる。あからさまな嫌悪刺激(ネガティブな言葉や態度)だけではなく、周囲からの反応がないことなども嫌悪刺激となる。この状態に陥っている状況下では、「今度は成功するかもしれない」という期待を持ったり、意欲がわいたりする可能性は低くなると考えられている。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。