自己効力感 self-efficacy

心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語。自己に対する信頼感や有能感のことをいう。
 人がある行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度うまく行えそうか、という予測の程度によって、その後の行動の生起は左右される。つまり、「自分にはここまでできる」という思いが行動を引き起こすのであり、その思いのことをバンデューラは“自己効力感”と呼んだ。
 つまり、ある課題を与えられた時に、自己効力感の高い人は「よし、やってみよう」と思うことができ、その後の行動につながる。一方、自己効力感の低い人は「その課題は自分にはできないかもしれない」と尻込みする傾向があり、その後の行動にはつながらないこととなる。行動を起こすためには、自己効力感という入り口を通過しなくてはならないといえる。

□ 自己効力感の高め方
 自己効力感は、主に4つの源泉によって形成されるといわれている。
1.達成体験
 自分自身で行動して、達成できたという体験のこと。これが最も自己効力感を定着させるといわれている。
2.代理経験
 他者が達成している様子を観察することによって、「自分にもできそうだ」と予期すること。自らが体験できる範囲は限られているため、この代理経験で得られる自己効力感の影響は大きいと考えられる。
3.言語的説得
 達成可能性を、言語で繰り返し説得すること。しかし、言語的説得のみによる自己効力感は、容易に消失しやすいといわれている。
4.生理的情緒的高揚
 苦手だと感じていた場面で、落ち着いていられたり、赤面や発汗がなかったりすることで、自己効力感が強められること。

 上記から考えると、スモールステップの原則で達成体験を蓄積し、自己効力感を高めつつ、目標とする身近なモデルを見つけて代理的に達成感を経験することで、自己効力感を育てていくことができると考えられる。自分で工夫できるのはここまでかもしれないが、周囲の誰かの自己効力感を高めたいと思ったら、それに加えて言語的説得を根気よく続けることにも意味がある。
自己効力感が高まると、自分から課題に取り組むという意欲がみられるようになり、行動の変化が促されたり、学習への自信が高まるようになる。
 新たな業務を課されたり、異なる分野にチャレンジしたり、これまでと違った行動が求められる時に鍵となる概念であり、適切な自己効力感を持っている人は自らの行動を調節することが可能となる。そして、自己効力感が増大するに伴い、内発的な興味も育っていく。新しいことに前向きに挑戦していくためには、根本に自己効力感の存在が必要だといえる。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。