心理学用語「パーソナル・スペース」personal space

社会心理学には、パーソナル・スペースという用語があります。これは、コミュニケーションをとる相手が自分に近づくことを許せる、自分の周囲の空間(心理的な縄張り)を指します。

 縄張りですから、ここに他人が侵入してくると、人は不快感や嫌悪感を感じます。防衛本能が働いている状態になるのです。しかし、逆に親しい相手や好意を寄せている相手であれば、容易に受け入れることが出来ます。
 人は相手に応じて、その距離感を使い分けているのです。

 アメリカの文化人類学者。エドワード・ホール(Edward Hall)は、相手との関係と距離感を以下の4つに分類しています。

4つの距離帯
1・密接距離(intimate distance) :0cm〜45cm・身体に容易に触れることが出来る距離
・家族、恋人など、ごく親しい人がこの距離にいることは許されるが、それ以外の人がこの距離に近づくと不快感を伴う

2・固体距離(personal distance) :45cm〜120cm
・二人が共に手を伸ばせば相手に届く距離
・友人同士の個人的な会話では、この程度の距離がとられる

3・社会距離(social distance) :120cm〜350cm
・身体に触れることは出来ない距離
・あらたまった場や業務上上司と接するときにとられる距離

4・公衆距離(public distance) :350cm以上
・講演会や公式な場での対面のときにとられる距離

 みなさんは、あまり親しくない同僚と満員のエレベーターに乗り合わせている時に、何となく、表示される階数を見つめていた経験はありませんか?これは、本来進入してほしくないパーソナルスペースを他人に犯されているため感じている不快感を、別のものに集中することで緩和させているのです。または、恋人から、「一緒にいても寂しく感じる」なんて言われたことはありませんか?これは、先ほどの例とは逆のパターンです。相手が親密さを感じる空間に、あなたが入っていないため、相手に寂しさを感じさせてしまっているのかもしれません。

 この距離感は、文化差・男女差・おかれている状況によっても変わってきます。一般に、欧米人は日本人よりも、女性は男性よりもパーソナルスペースは狭いとされています。

 TPOにあわせたパーソナルスペースを意識して相手と接することも、心地よいコミュニケーションを築くひとつの方法といえます。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。