ヤーキース・ドットソンの法則

心理学者のロバート・ヤーキースとJ・D・ドットソンは、ねずみを用いた実験を通じ、学習やパフォーマンスに関するある法則を発見しました。

その実験とは、ねずみに黒と白の目印を区別するように訓練し、ねずみが区別を間違えた時には、電気ショックを流し、学習を促す、というものです。電気ショックの程度は、強弱を変えて設定します。その結果、電気ショックの程度が強まるに従って正答率が増すものの、最適な強さを上回ると正答率が低下することが分かりました。つまり、電気ショックの程度が適度な時にねずみは最も早く区別を学習し、逆に電気ショックが弱すぎたり強すぎたりすると、学習に支障が出ることが分かりました。

この結果は後に人間に応用されます。ストレスやモチベーションといった刺激や覚醒状態が適度にある時にパフォーマンスは最も高くなり、刺激や覚醒状態が極端に低い、あるいは高い時には、パフォーマンスは低下すると考えられるようになりました。つまり、ハイパフォーマンスの実現には、「適度な」刺激や覚醒状態が必要、ということです。この法則を「ヤーキース・ドットソンの法則」と言います。

「適度な」刺激や覚醒状態がどの程度なのかは、行う内容の難易度によって変わります。課題が易しい場合は高い刺激や覚醒状態で臨む方が、課題が難しい場合は刺激や覚醒状態が低い状態、いわゆるリラックスした状態で臨む方がパフォーマンスを発揮しやすい、といわれています。

この法則は、日常生活の中で馴染みのあるものかと思います。例えば、興味のない業務にはなかなか気持ちが向かず結果を出しにくかったり、納期が迫ってくると業務への集中力が増し、進捗が格段に早くなったり、また、責任が重過ぎてストレスを過剰に感じていると、エネルギーを注いでいる割にはパフォーマンスが伴わなかったり、ということは既に体験されている方も多いと思います。

この法則を活用し、パフォーマンスを高く維持するためにはどんな試みができるでしょうか。まずは、自分にとってどんな状態が「適度な」刺激・覚醒状態であり、パフォーマンスを発揮しやすいのかを知ることは、客観的な対処に繋がります。ご自分の傾向を観察してみましょう。

対処の一例としては、以下のような方法が考えられます。刺激・覚醒状態が低い状態、例えば興味のない業務に関しては、結果に対する自分へのご褒美を設定するなど、自らモチベーションを上げる仕掛けを作ることができます。刺激・覚醒状態が高い状態、例えば責任が重過ぎてストレスを過剰に感じる業務に関しては、呼吸法や筋弛緩法を始めとしたリラクセーション法を身につけておくことで、過剰な緊張や不安に対処しやすくなります。

先人達が発見した法則をうまく活用し、セルフマネジメントやパフォーマンス向上に活かしていきましょう。

<参考文献>
小宮英美 1999 『脳は直感している』 詳伝社

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。