PM理論(PM Theory)

PM理論とは、1966年に社会心理学者の三隅二不二(みすみ じゅうじ)が提唱した理論です。社会は様々な集団で構成されていて、会社や学校があり、その中には部署や学級、部活やチームという小さな集団も存在しています。三隅は、集団の中の【リーダーの能力】に焦点をあて類型化することにより、集団にとって望ましいリーダー像を示しました。

集団機能は一般に、「目標達成能力」のP機能(Performance function)と、「集団維持能力」のM機能(Maintenance function)の2つで成り立っているといわれています。P機能は具体的には、集団の生産性を高める働きをするもので、計画をたてたり、メンバーへの指示命令を行うなど、目標達成のためにメンバーをグイグイ引っ張っていく能力です。M機能は、メンバー間の人間関係を良好に保ち、チームワークを強くしていく能力です。PM理論では、この2つの機能の強弱によってリーダーを4つの類型に分類しているのです。

Pm型
・目標達成能力が高く、集団維持能力が低いタイプ
・目標を定め厳しく管理し成果をあげるが、チームの団結力は弱い。

pM型
・目標達成能力が低く、集団維持能力が高いタイプ
・仕事で仕切り引っ張っていく力が弱いので成果は上がりにくいが、メンバーの面倒見はいい。

PM型
・目標達成能力も集団維持能力も高いタイプ
・生産性の向上に導く力もあり、なおかつチームの和にも気を配れるので、チーム全体の雰囲気もよくなる。リーダーの理想像。

pm型
・目標達成能力も集団維持能力も低いタイプ
・成果をあげることもなく、チームメンバーにも無関心。
・リーダーにはむかないタイプ。

これによると、良いリーダーとは、目標達成能力も集団維持能力も必要であることがわかります。集団を維持し活性化させるには、厳しくそして力強くメンバーを引っ張っていくだけではなく、ときに優しく、守りはぐくむような態度も必要なのかもしれません。

健康用語(メンタルヘルス編)

健康のために知っておきたいことばを紹介しています。