201508_14_300

婦人科検診を受けたことはありますか? 「何をするか不安」「恥ずかしい」など、最初は抵抗を感じる人も多いでしょう。でも、たとえ気になる症状がなかったとしても、20代から婦人科検診を受けることは大切だといいます。ともこレディースクリニック表参道の出井知子先生にうかがいました。

婦人科検診って何を調べるの?

婦人科検診といったとき、まずは子宮の入り口付近の子宮頚部にできる「子宮頸がん」の検診が中心になります。

子宮頸がんの原因となるのは、性行為によって感染するHPVウイルス(ヒトパピローマウイルス)。このウイルスは決して稀なものではなく、セックスをしたことがあれば誰でも1回くらいは感染している可能性があるもの。多くの場合は自分の免疫力でシャットアウトできますが、ウイルスを排除できずに感染が続くと、子宮の入り口に炎症を及ぼしてがんの前段階である異形成の状態になり、そこからがんに進行していきます。

早期発見すれば、がんにならない

子宮頸がんは早期発見・早期治療が非常に有効で、初期の異形成の段階で発見できれば、がんになるのを食い止められます。一方で、放置して進行がんになれば、治療が難しく命に関わる危険性も。初期には症状はほとんどなく、よほどの進行がんでない限り出血も起こらないため、検診による早期発見が極めて重要になります。

発症しやすいのは性行為が多くなる20代~30代ですが、40代にもピークがあり、10代でも性行為をすればかかる可能性が。また、過去に感染したウイルスが年をとってから再発する場合もあります。

検診の内容、費用は?

検診では医師が膣を内診し、子宮や卵巣が大きすぎないか、こぶがないかなどを検査します。このとき、子宮筋腫や子宮内膜症などが見つかることも。さらに、子宮の入り口を綿棒のようなものでこすり、細胞を採取する「細胞診」を行います。検査は痛みもほとんどなく一瞬で終わり、結果は2~3週間後にわかります。もし異常が出た場合は、精密検査を受けることになります。

国では、20歳以上を対象に2年に1度は検診を受けることを推奨しています。自治体にもよりますが、2年に1度無料クーポンが支給されるところも多く、あるいは一部補助が出る場合も。登録された医療施設から都合の良いところを選んで受診します。

ただし、2年に1回受ければ十分というわけではありません。自治体の予算の関係で、それぐらいの頻度でやれば末期がんにまで進行する危惧はないだろうというもの。セクシャルアクティビティの機会のある方は、年齢に関わらず1年に1回は受診することをおすすめします。

(フリーライター:五十嵐なな)