201509.20_300

グッと涼しくなり過ごしやすくなったとはいえ、身体の疲れがとれない、あまり眠れないという悩みを抱えている人に。そんなときに手軽に取り入れられる、シャワーを使った健康法を紹介します。

シャワーリングで疲労回復

安眠や疲労回復のためには、できれば湯船に浸かりたいもの。でも、仕事が忙しく帰宅時間が遅いときなど、お湯を溜める時間を睡眠にまわしたいこともあります。そんなときにおすすめなのがシャワーリングです。血行が促進され代謝が促されるので、老廃物や疲労物質が排出されやすくなります

シャワーリングでは、シャワーの温度は40℃ほどに設定しておきます。まずは、肩や首、腰などコリを感じる場所に5~10分ずつ当てていきます。つぎに、前かがみになって背中にシャワーを当てます。脚はつま先からふくらはぎ、膝、太ももと下から上にらせん状に当てていきます。足首の曲げ伸ばしのストレッチをゆっくりとやりながら、シャワーを当てるのもおすすめです。腕も同様に、手首からひじ、二の腕、肩の順番です。

時間のあるときにはシャワーリングの前に42℃ほどのお湯につかって身体を温めておくとさらに効果的です。シャワーリング後は、38℃~40℃のぬるめのお湯につかると、副交感神経が優位となり安眠しやすくなります。

冷水シャワーで胃腸の疲れを改善

食べ過ぎなどで胃腸が弱っている人は、冷水シャワーを浴びると胃液の分泌を高める効果があります。

水シャワーといっても、急に冷水を浴びて血圧が上がってしまわないように、まずはぬるめの37℃ほどの温度に設定してシャワーを浴び始めます。次に30℃まで下げて再び全身にシャワーを浴び、身体が慣れてきたところで20℃ほどまで下げていくようにしましょう。

ただし、高齢者や心臓の弱い人、高血圧の人は、水シャワーはリスクがありますので、避けるようにしてください。

シャワー浴は、忙しい人でも簡単にできる健康法です。身体や胃腸が疲れている人は、1日の終わりにぜひ試してみましょう。