201509.21_300

連日深夜までの残業が続き睡眠不足…そんなとき、午後になるとけだるい眠気に悩まされることはありませんか。そこでおすすめしたいのが、「1分仮眠」。忙しいときでも効率よく眠気がとれ、業務効率がアップします。

「1分仮眠」とは?

パワーナップともいわれる短い時間の仮眠は、業務効率を上げるといわれています。とはいえ、会社で昼休み以外に仮眠をとるなんて現実的にムリです。でも、たった1分の仮眠なら、業務中でも比較的とれると思いませんか?

1分仮眠のポイントは、眠くなってウトウトと自然に眠ってしまうのではなく、自発的に休息をとることです。椅子に深く座った状態で、軽く目を閉じてリラックスし、情報を遮断することで脳を休ませます。仕事中など日中は、目から入ってくる情報が多いため、1分仮眠によってヒートアップしていた脳がクールダウンされ、パフォーマンスの向上につながるのです。

1分仮眠で効果が感じられないときは、20分の仮眠をとるか、1分の仮眠を繰り返します。20分の仮眠をとれるのは昼休みでないと難しいでしょうが、本格的に眠くなる前に仮眠をとるようにしましょう。

熟睡しないことが鉄則

どうしても眠気が抜けにくいときも、20分間椅子に座ったままの仮眠にとどめます。横になってしまうと深い眠りになりやすく、30分以上眠ってしまうと眠気が覚めるのに時間を要するからです。

また、眠り過ぎてしまうことで夜に眠れなくなってしまい、睡眠のリズムを壊す原因になります。

「1分仮眠」の効果をアップする方法

1分仮眠では、閉じたまぶたに手の平か、指の腹の部分を当てて温めると、目の疲労回復効果が高まります。また、ゆったりと過ごせるように、時計や指輪など身体を締め付けるものは外し、ベルトを少し緩めておくとよいでしょう。

忙しいときこそ上手に身体を休めて集中力を高め、業務効率をアップしたいものです。業務中の本格的な仮眠は周囲の目があって難しくても、1分仮眠なら取り入れられるのではないでしょうか。疲れや眠気を感じたら、1分仮眠で脳をリセットしたいですね。