001_300

うつ病の病歴を公表している芸能人にはナインティナイン・岡村隆史さん、武田鉄矢さん、丸岡いずみさん、ユースケ・サンタマリアさんがいます。

さてこの「うつ病」ってどんな病気なんでしょう?

うつ病は、まだわからないことが多い病気です。脳の神経の情報を伝達する物質の量が 減るなど脳の機能に異常が生じていると同時に、その人がもともともっているうつ病に なりやすい性質と、ストレスや体の病気、環境の変化など、生活の中のさまざまな要因 が …

うつ病|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

治療方法 克服方法は?

うつ病の治療の基本は、十分な休養によって心と体の疲れをとることと、薬によって神経伝達物質の異常を改善することです。さらに、考え方などを見直す精神療法を組み合わせることもあります。

十分な休養
 休むことに抵抗や罪悪を感じ、何とか頑張って休まないようにしようと思いがちですが、うつ病が病気であることを理解し、医師に休むことをすすめられた場合は、思い切って仕事や家事や学校を休み、治療に専念しましょう。

うつ病<こころの病気>の診断と治療の方法 – gooヘルスケア

うつ病に伴う体の「痛み」も一緒に治療を

うつ病は、脳の神経伝達系の働きが低下したために起きる「体の病気」で、心理的な負担や疲労、環境の変化によるストレスが発症のきっかけになっていると考えられています。生涯の間にうつ病にかかる確率(生涯有病率)は、日本では10~15人に1人とされており、年々増加傾向にあります。男女比でみると、女性は男性より約2倍、うつ病になりやすいこともわかっています。
 早期発見と早期に適切な治療や支援を行うことで、治すことができるので、早い段階でその兆候に気づくことが大切です。

うつ病は、脳の神経伝達系の働きが低下した「体の病気」 – gooヘルスケア

「仮面うつ病」というのもあります。

うつ病の三大症状として「睡眠障害」「食欲不振」「憂うつ感」が挙げられますが、うつ病の始まりとして、気分の落ち込みがあまりはっきりせず、肩こりや頭痛、胃痛といった身体の痛み、下痢や便秘などの胃腸症状、発汗、息苦しさといった身体症状が現れることがあります。

仮面うつ病 – gooヘルスケア

多くの芸能人も悩まされた 「うつ病」に陥らないためには

何よりもストレス対策が重要。ストレスにさらされ続けて心が疲れ切ってしまう前に、手を打ちましょう。その際、「ストレスは休日に解消」と考えずに、「その日のストレスはその日のうちに解消」と考えたほうがよいでしょう。ストレスも軽いうちなら解消も簡単だからです。

うつ病対策に、不安や悩みは早めに相談を – gooヘルスケア