1117_300

寒くなると、あったかくて、甘いものが欲しくなりますよね。でも太るからと我慢していませんか。そんな我慢は、この冬は不要! 冬のおやつの定番“さつまいも”でダイエットができちゃうんです。

食物繊維だけじゃない。ヤセるパワーがギュッ!

美容家の鈴木絢子さんは“朝に焼きいもを食べるだけ”のダイエットで8kg減に成功、16年間キープし続けています。そんなにラクな方法でなぜ、ヤセやれるのでしょうか?

「さつまいもには、ヤセるパワーがたっぷり。例えばさつまいも特有の成分・ヤラピンには、腸の動きを促す働きが。便秘を改善して、ぽっこりお腹がペタンコになります。また、皮の下には、クロロゲン酸という抗酸化成分を含有。糖の吸収を抑える働きがあり、トクホ食品などにも使われている話題の成分です」(鈴木さん)

ドカ食いが自然になくなり、むくみ解消効果も

その他にも、むくみ防止に役立つカリウム、代謝アップを促すビタミンB群などが豊富。さらに、朝に食べるだけで自然と、ヤセる食生活に変わるといいます。

「甘みがあり、満足感があるので、間食したり昼食でドカ食いすることがなくなります。そして、焼きいもを食べることで素材の味を味わう習慣がつき、高カロリーな味の濃いもの、脂っこいものが自然と欲しくなくなるんです」

特においしいこの時期に、焼きいもを食べるだけで、ムリなくヤセる生活に変わるというわけ! さつまいもを食べるのは朝が効果的。昼夜は普通の食事を楽しんでOKです。

トースターで5分、レンジでチン!でもOK

毎朝食べることで効果がでる、さつまいもダイエット。やり方は、朝食に1/2本(約150g)の加熱したさつまいもを皮ごと食べるだけ。忙しい人でも、時間をかけずに調理できるのも魅力です。簡単な調理方法を3つご紹介します。

●ラクに焼きいもを作るなら……トースターで焼く
同様にカットしたさつまいもをアルミホイルで包み、5分ほど加熱。ホイルの上部を開いてさらに1〜2分加熱し、焼き色をつけると香ばしい仕上がりに。

●手間なく蒸しいもにするなら……レンジでチン
同様にカットしたさつまいもをキッチンペーパーで包み、さらにラップに包んで耐熱容器に入れる。レンジ(解凍モード)で8分加熱する。

●香ばしい焼きいもにするなら……フライパンで焼く
洗って皮ごと3cm角にカット、油少々をひいて熱したフライパンに断面を下にして並べ、フタをして弱火で3分焼く。裏返したら、水大さじ2を加え、フタをして3分焼く。

調理の仕方は好みで選んで。まとめて調理すれば時短にも。その場合は、ジッパー式ポリ袋などに入れ冷蔵庫に保存し、2〜3日で食べきるようにします。
甘いものがやめられない人、顔や脚のむくみが気になる人はぜひ試してみて!