1125_300

「脳神経外科・脳外科」に対応する内科が「神経内科」

シンケイ内科とシンリョウ内科、耳慣れない上に意味が似ているので迷いますね。
循環器外科に対応する内科が循環器内科であるように、脳神経外科・脳外科に対応する内科が神経内科です。分かりやすいように脳神経内科とする病院も出てきています。

神経内科は神経や筋肉の病気を診る内科です。神経内科に関係する症状は、しびれやめまい、麻痺、歩きづらさ、ふらつき、ひきつけ、むせ、言葉のもつれ、複視(物が二重に見えること)、頭痛、不随意運動(勝手に手足や体が動くこと)、物忘れ、意識障害など多岐にわたります。

慢性の症状なら、まずは全身を診られる「神経内科」へ

同じような症状でも、脳外科を受診すべき場合や、整形外科が適当な場合もありますが、慢性の症状であれば、まずは全身を診られる神経内科でどこの病気であるかを見極めてもらった上で、しびれや麻痺の原因が骨や関節の病気であれば整形外科へ、脳腫瘍や脳動脈瘤など脳の手術が必要な病気なら脳神経外科へ、精神的なものは精神科や心療内科に紹介してもらうのが理想的です。見たり聞いたりすることに関係した症状は、眼科や耳鼻科がふさわしい場合もあります。

精神的な問題がもとで起こった身体の不調は「心療内科」へ

神経内科と名前が似ていて間違いやすい診療科に、心療内科があります。神経内科が脳神経外科に対応するのに対して、心療内科は精神的な問題がもとで起こった身体の不調を扱います。
ストレスを自覚している患者さんがかかるのが心療内科と思っている人もありますが、それは誤解。自覚がなくてもストレスが症状の原因になっていることはありますから、注意が必要です。

心の病気を扱うのは「精神科・精神神経科」

一方、心療内科と迷いやすい精神科・精神神経科は心の病気を扱う科で、いわゆる精神病(統合失調症、躁うつ病など)や、神経症、不眠症などの診療を行います。認知症やてんかんなどは、精神科と神経内科のどちらでも診療を行います。

「整形外科」と「形成外科」も迷いやすい

他にも響きが似ていて混同しやすい診療科として、整形外科と形成外科があります。整形外科は「運動器」、つまり骨・関節や筋肉、それを支配する神経系の病気を扱う外科です。
これに対して形成外科は、生まれながらの異常や、病気やけがによる体の表面の変化の治療を行います。機能だけでなく、見た目もより美しくすることによって、生活の質を上げることを目指しています。

専門外来は看板で広告できないので公式ホームページなどで確認を

「神経内科」「心療内科」などは「標榜診療科」と言い、医療機関が看板などに広告できる診療科は標榜診療科に限られています。医療機関によっては、頭痛外来、肥満外来などのように、特定の病気などの診療を行う専門外来や特殊外来を設けている場合がありますが、こうした専門外来は、標榜診療科のように看板などに広告することができません。ただ、公式ホームページなどでは情報を得ることができますので、受診の際に参考にしてください。

どんな症状の時にどの科を受診したらよいか、きちんと判断するのが難しいのは事実。正しい診療科選びには、困った時に何でも相談できる「かかりつけ医」を持っておくことも大切といえるでしょう。

【参考】
医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解