1207_300

マドンナやミランダ・カーも飲んでいると言われる「KONBUCHA」。独特の酸味が苦手という人も多かったのですが、今ロサンゼルスでは「生KONBUCHA」が登場して大人気になっているんです。

ヘルシードリンクの定番になった「KONBUCHA」

たくさんのヘルシーフードやドリンクが生まれるロサンゼルスで、人気をキープしているのが「KONBUCHA(コンブチャ)」。長い間、流行っているので名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。

「昆布なの? お茶なの?」と困惑する名前ですが、日本の昆布茶とは違い、こちらは微炭酸のドリンク。手軽にビタミンやミネラル、酵素を補給できるのが人気の秘密で、ヘルシー系スーパーで瓶入りのものが多数販売されたり、カフェのドリンクメニューにラインナップされたりしています。

「KONBUCHA」を製造しているメーカーも多数あり、“健康食品業界で1番売れている”と言われているほど。スーパーでは、マンゴーやストロベリー味のほか、チアシード入りのものなど、たくさんのフレーバーが販売されています。

正体は、日本でもかつてブームになった「紅茶キノコ」

実はこの「KONBUCHA」、日本でも数十年前に健康ドリンクとして大流行した「紅茶キノコ」と同じもの。砂糖を入れた紅茶に酵母を入れて、1週間ほど発酵させて作ります。時間をおくことで、糖分とカフェインが酵母によって転換され、ビタミンやミネラル、酵素を含む炭酸飲料になるのです。インターネットで紅茶キノコの菌を買って、自宅でも作ることも可能です。

最新の人気ドリンクは「“生”KONBUCHA」

この「KONBUCHA」ですが、発酵による独特の酸味があるため、ヘルシーコンシャスな人の間でも、好き嫌いがわかれていました。実は私も、この酸味が苦手で、何種類かフレーバーを試してみたものの、自分がおいしいと感じるものに出会えませんでした。

それが、最近では「DRAFT(生) KONBUCHA」というフレッシュなものが登場。ヘルシー系スーパーのドリンクコーナーでオーダーできます。試してみると、瓶入りのものと比べて酸味がまろやかで飲みやすい! 値段は1杯4ドル程度とお手ごろで、コーヒーやジュースの感覚で買っていく人が多く見られます。

味が苦手で遠のいていたヘルシーコンシャスの人々も「これなら!」と、続々と戻ってきているそう。普段リラックスする時の飲み物といえば、コーヒーでカフェインに依存しがちだった私も、「これなら飲める」とコンブチャにシフト中。ロサンゼルスに来たら、ぜひ「DRAFT KONBUCHA」を試して、まろやかな酸味を味わってみてください。

(小山陽子 LA在住 健康&美容エディター)